清少納言 仕えた

清少納言 仕えた

清少納言 仕えた



清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。本名は清原 諾子(きよはら の なぎこ)とされている 。

作者は清少納言。一条天皇の中宮定子(藤原定子)に仕えていた清少納言は,996年秋,中宮の一家と対立し容赦ない圧迫の手を加える左大臣藤原道長方に内通しているとのうわさにいたたまれず,中宮のそばを離れて長期の宿下がりに閉じこもった。

生没年未詳。平安時代中期の歌人、随筆家。966年(康保3)のころ生まれて1025年(万寿2)のころ没したと推測されている。父は歌人清原元輔であるが、母は明らかでない。966年に元輔は59歳であり、年齢に差のある異腹の兄姉、雅楽頭為成

 · 清少納言が、一条天皇の中宮(皇后の異称)定子に初めて出仕したのは正暦4年(994年)ころで、その時、定子18歳、清少納言は28歳でした。定子は、中関白と称せられた藤原道隆を父とし、漢詩人として名高い貴子を母として誕生しました。正暦元年に一条天皇の後宮に入内し、中宮となりまし ...

実名は不明。中古三十六歌仙・女房三十六歌仙の一人に数えられ、42首の小柄な歌集 「清少納言集」が伝わる。「後拾遺」 以下、勅撰集に14首入集。また漢学にも通じた。一条天皇の時代、993年冬頃から、一条天皇の妃の定子に仕えた。

ただ、清少納言が仕えた一条天皇のころに先祖の名を女房名に採用した例は無いようです。 そもそも清少納言が敬愛していた亡き実父の清原元輔(きよはらのもとすけ)を差し置いて、先祖の官職のほうを取り入れたのも違和感が残りますね。

清少納言 仕えた ⭐ LINK ✅ 清少納言 仕えた

Read more about 清少納言 仕えた.

3
4
5
6

Comments:
Guest
The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.
Guest

Family reunions sometimes leave us with feud for thought.

Guest
If the grass is greener in the other fellows yard, let him worry about cutting it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu