清凉寺 紫式部

清凉寺 紫式部

清凉寺 紫式部



京都・嵯峨野にある清凉寺。 通称「嵯峨釈迦堂」と呼ばれている、浄土宗の古刹です。 紫式部の小説『源氏物語』の主人公、光源氏のモデルといわれている「 源融 (みなもとのとおる) 」の別荘があった地に建つお寺としても有名です。 嵯峨釈迦堂には、日本三如来の一つに数えられる釈迦 ...

廬山寺(ろざんじ)は、京都市 上京区北之辺町にある天台宗系単立の寺院。 天台圓淨宗の本山。 本尊は阿弥陀如来。 寺号は詳しくは廬山天台講寺(ろざんてんだいこうじ)と称する。紫式部の邸宅跡とし …

清凉寺の釈迦堂宮殿(しゃかどうくうでん)に安置されている国宝・釈迦如来立像は、インドから中国、そして日本に渡ってきたことから「三国伝来の生釈迦」と呼ばれ、京都・平等寺の薬師如来像、長野・善光寺の阿弥陀如来像と並ぶ日本三大如来のひと ...

清凉寺の前身である棲霞寺(せいかじ)の名残の堂といい、本堂に向かって右にある。 健築としては新しく、文久3年(1863)の再建である。 内部は前方外陣、その後方内陣には、国宝「阿弥陀三尊像」が、かって安置されていた。

棲霞寺の弥陀三尊 (現在は霊宝館に収蔵)(国宝) 清凉寺の前身である棲霞寺の寺域は嵯峨天皇の仙洞「嵯峨院」の一部で、融公が山荘として賜ったものであり、融公は紫式部の源氏物語の主人公光源氏の有名なモデルとされています。

紫式部の邸宅跡には現在、廬山寺が建てられています. 彼女は、彰子に仕えながら. 源氏物語の執筆をしていたようです ※廬山寺には源氏庭(げんじてい)と呼ばれる素敵なお庭もあるんですよ。詳しくは、廬山寺 その1、廬山寺 その2の記事をご覧下さい。

廬山寺 本堂 / casek IMGP4263 / Kyoto-Picture 紫式部の邸宅跡と伝えられているのが「廬山寺」です。この地で結婚生活を送り、娘・賢子(かたこ)を育てながら、源氏物語をはじめ「紫式部日記」や「紫式部集」を執筆したと言われています。

 · 「嵯峨釈迦堂」の別称で有名な清涼寺は、光源氏のモデルの1人と言われる源融が営んだ山荘・棲霞観(せいかかん)とその後身・棲霞寺の故地であり、物語の中で光源氏が建立した「嵯峨野の御堂」の準拠とされています。棲霞観の造営年代ははっきりしませんが、嵯峨上皇崩御の後、その後 ...

京都市嵯峨/嵯峨野(さがの)にあります「清凉寺」 (せいりょうじ) と正月に撮影した今週の花「金のなる木」をご紹介しま~す 先月下旬に 小倉山の麓にあります小倉百人一首殿堂 「時雨殿」に行った帰りに、徒歩で寄りました「清凉寺」は 紫式部の書かれた日本最古の長編小説 「源氏物語 ...

清凉寺 紫式部 ⭐ LINK ✅ 清凉寺 紫式部

Read more about 清凉寺 紫式部.

7
8
9
10

Comments:
Guest
To disagree, one doesn't have to be disagreeable.
Guest

You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.

Guest
People who think they know everything can be a pain in the neck to those who really do.
Calendar
MoTuWeThFrStSu