河童 芥川 龍之介 解説

河童 芥川 龍之介 解説

河童 芥川 龍之介 解説



『河童』(かっぱ)は、芥川龍之介が1927年(昭和2年)に総合雑誌『改造』誌上に発表した小説である。

底本:「芥川龍之介全集 第十四巻」岩波書店 1996(平成8)年12月9日発行 底本の親本:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行 初出:「改造 第九巻第三号」 1927(昭和2)年3月1日発行

『河童』の作者は芥川龍之介です。 芥川の後期の作品で、『歯車』や『或る阿呆の一生』などと並び、晩年の代表作の一つとして名高い作品です。 神経衰弱に陥っていた芥川龍之介の心理状態が色濃く反映されており、芥川龍之介の命日、まあ自殺した日ですね、それは7月24日なんですが ...

 · 芥川龍之介の河童のあらすじを間単に紹介します。物語はある男が河童に出会うところから始まります。河童の国に迷い込んだ男は、最初は馴染んでいるかのように感じましたが、そのうち河童たちの思想に疑問を持つようになったのです。

 · 【ネタバレ有り】河童 のあらすじを起承転結でネタバレ解説!著者:芥川龍之介 2017年8月に青空文庫から出版河童の主要登場人物僕(ぼく) 物語の語り手。自称河童の国から帰ってきた男。事業に失敗して現在は入院中。チャック(ちゃっく) 河童。僕

河童 芥川 龍之介 解説 ⭐ LINK ✅ 河童 芥川 龍之介 解説

Read more about 河童 芥川 龍之介 解説.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.
Guest

The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.

Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Calendar
MoTuWeThFrStSu