正岡 子規 の 俳句 と 短歌

正岡 子規 の 俳句 と 短歌

正岡 子規 の 俳句 と 短歌



 · 正岡子規と言えば、近代俳句の祖とも言われる俳人として有名ですよね。 パッとすぐには思いつかなくても、彼が詠んだ俳句や短歌を耳にしたことがない方はいないのではないでしょうか。 正岡子規の作品は一見、「え、景色を言葉にしただけ?」と感じるほど簡潔。

正岡子規の有名な俳句にはどのようなものがあるでしょうか。正岡子規が生涯に詠んだ俳句の数はたいへん多いので、その中からもっとも有名なもの、すぐれた作品を10句に選りすぐってご紹介します。

正岡子規の作品としては俳句に目が行きがちになりますが、短歌にも味わい深いものが数多くあります。 子規は万葉集を評価する一方で、古今和歌集に対しては否定的です。このことは、子規の短歌を読む上で常に意識しておきたいポイントだと私は考えます。 このページでは、正岡子規の ...

 · 子規は、短歌や俳句の分野において大いなる革命を成し遂げたともいえる明治時代の文豪で、亡くなる数時間前まで句を詠み続け、短い生涯に残した俳句の数は20万句ともいわれています。

明治期の俳人、歌人である正岡子規は、短歌や俳句など短詩型文学の革新運動に精力的に取り組んだ人です。また俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など幅広く創作活動をした、明治時代を代表する文学者です。二ト一歳のときに肺結核と診断され、以後、病に苦しまされますが、寝たきり ...

 · 正岡子規の有名な俳句(その1) 「 春や昔 十五万石の 城下かな 」 この俳句は、明治28年、正岡子規28歳頃の作です。日清戦争の従軍記者として中国へ赴く前、一時、東京から故郷の松山に戻った際に、詠み上げた俳句だそうです。

正岡子規は生涯で 20,000を超える俳句をつくりました。その中には、日本の俳句を代表するような作品も含まれています。 また、短歌の創作数は俳句のそれには及びませんが、一読して心に残るようなものも多く残されています。 こ・・・

正岡 子規 の 俳句 と 短歌 ⭐ LINK ✅ 正岡 子規 の 俳句 と 短歌

Read more about 正岡 子規 の 俳句 と 短歌.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Guest

If God shuts one door, He opens another.

Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Calendar
MoTuWeThFrStSu