村上 春樹 翻訳 全 仕事

村上 春樹 翻訳 全 仕事

村上 春樹 翻訳 全 仕事



村上春樹さんの翻訳の仕事は皆さんご存知だと思います。 でも小説に比べあまり読まれていないのが残念です。 この本で、村上春樹翻訳の全貌がみえてくるのでぜひ本を探して読んでください。 ぼくはこの本が発刊されてすごく嬉しいです。

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事. 村上春樹 著. 旺盛な意欲の源は、翻訳が創作にもたらした影響は――思い入れをこめて訳書1点1点を自ら紹介。翻訳家・村上春樹が36年の道のりを振り返る。柴田元幸氏との対談も収録。 書誌データ. 初版刊行日 2017/3/18

良書。盟友柴田元幸との対談もよいが、村上春樹の翻訳家としての全仕事について、なぜこの本をその時期に自分が翻訳しなければならなかったのか、という村上自身の現時点での見解が紹介されている点に何よりも価値がある。

村上 春樹『村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約198件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

村上春樹の翻訳本カタログ集。オールカラーでこれまで翻訳した本を、村上春樹の寸評で振り返る。そして柴田元幸(東大名誉教授、村上春樹の5歳下)との対談。これが面白い。カタログページはこんな感じ。ちなみに最初の2冊、「マイ・ロストシティ」「僕が電

 · 村上春樹『翻訳(ほとんど)全仕事』 (中央公論新社)の主要なコンテンツ は、次の二つである。 翻訳作品クロニクル 1981-2017 対談(村上春樹x柴田元幸) 「翻訳作品クロニクル」では、 これまでの翻訳仕事を取り上げ、 ひとつひとつに、解説や背景、

村上春樹 翻訳(ほとんど)全仕事. 作者: 村上春樹; 出版社/メーカー: 中央公論新社; 発売日: 2017/03/17; メディア: 単行本; この商品を含むブログ (10件) を見る

本書は、前半部分で、2017年までに村上春樹が翻訳した全80作品が、本の表紙とともにコメント付きで紹介されています。後半は、「翻訳について語るときに僕たちの語ること」と題した対談になっています。村上春樹とその翻訳の師匠である柴田元幸が、翻訳に対する姿勢から技術的なことまで ...

『村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事』 その帰り道、川越の「アトレ」の7階で奥さんとともに昼食し、食後隣の「ルミネ」の書店に寄りました。 そこで見つけたのが『村上春樹翻訳(ほとんど)全仕事』で …

村上春樹さんの翻訳を一覧でご紹介。発売日順に解りやすく掲載。多崎つくる、1q84~風の歌を聴けまでを完全網羅。その他、村上春樹さんの情報盛りだくさんのサイトです。

村上 春樹 翻訳 全 仕事 ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 翻訳 全 仕事

Read more about 村上 春樹 翻訳 全 仕事.

3
4
5

Comments:
Guest
There is one art of which man should be master--the art of reflection.
Guest

Between each dawn and setting sun, set aside some time for fun.

Guest
Do all you can and trust God to do what you cannot.
Calendar
MoTuWeThFrStSu