村上 春樹 アメリカ

村上 春樹 アメリカ

村上 春樹 アメリカ



村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、文学翻訳家。

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、文学翻訳家。 京都府京都市伏見区に生まれ、兵庫県西宮市・芦屋市に育つ。早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年時点で上下巻1000万部を売るベストセラーとなり 、これをきっかけに村上春樹ブームが起きる。その他の主な作品に『羊をめぐる冒険』、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』、『ねじまき鳥クロニクル』、『海辺のカフカ』、『1Q84』などがある。 日本国外でも人気が高く、柴田元幸は村上を現代アメリカでも大きな影響力をもつ作家の一人と評している 。2006年、フランツ・カフカ賞をアジア圏で初めて受賞し 、以後日本の作家の中でノーベル文学賞の最有力候補と見なされている 。 精力的に、フィッツジェラルドやチャンドラー作品などを翻訳。また、随筆・紀行文・ノンフィクション等も多く出版している。

村上春樹は、随分遅くまで海外に出たことがなかったはずだ。坪内は本書で、村上春樹と江藤淳が実際にアメリカを体験することで何を得て、何を失ったかを問題にしている(そして体験前の方に、むしろ好感を抱いている)。

村上春樹は1991年の始めから2年半をアメリカ、ニュージャージー州のプリンストンで、その後の2年間をマサチューセッツ州のケンブリッジで暮らした。そのうちプリンストンでの暮らしについて書き綴ったものが「やがて哀しき外国語」だ。

 · 今年もノーベル賞受賞者が発表されましたが、ノーベル文学賞では村上春樹さんが受賞候補と語られながら、今年も受賞を逃してしまいました。改めて村上春樹さんの作品が持つ魅力と、影響を受けたとされるアメリカ文学について考えてみたいと思います。

村上の翻訳、翻訳作品にふれる研究の中で、風丸良彦著『村上春樹〈訳〉短編再読』(2009)は、 村上の翻訳作品を通じてのアメリカ文学の講義という設定が興味深い。内田樹は、『村上春樹に ご用心』(2007)の第1 章で「翻訳家・村上春樹」を語る。

村上春樹とアメリカ. 投稿者 Erina 投稿日: 2015-08-29 2017-11-25. 私は村上春樹さんが昔から好きで、同じ本を何度も何度も飽きずに読む。 ...

 · アメリカ文学を知れば、村上春樹作品が違って見えてくる? 2014.8.12 06:30 BOOKSTAND #村上春樹 アメリカ文学に触発された日本の小説

 · 翻訳家としての村上春樹. 村上春樹は小説家であり、またアメリカ文学の翻訳家でもあります。京都府に生まれた春樹は早稲田大学文学部へと進学し、在学中に開いたジャズ喫茶の経営の傍らで小説の執筆を始めました。

 · アメリカも浪花節なんですね。成功した人っていうのは、やらなければならないことは、ちゃんとやってる。やらない人が成功しない。 ぼくが村上春樹を知ったのは、深夜放送のディスクジョッキーが絶賛してたからです。「すごい作家がいる。

村上春樹さんはアメリカ文学に影響を受けているんですか? 村上春樹さんはアメリカ文学に影響を受けているんですか? 村上春樹さんは、中学生のころから、日本文学よりも外国文学に惹かれて、家にあった「世界文学全集」を片っ端から読んでいかれたそうです。高校生になってからは ...

村上 春樹 アメリカ ⭐ LINK ✅ 村上 春樹 アメリカ

Read more about 村上 春樹 アメリカ.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

Elbow grease gives the best polish.

Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Calendar
MoTuWeThFrStSu