未必の故意 安部公房 あらすじ

未必の故意 安部公房 あらすじ

未必の故意 安部公房 あらすじ



『未必の故意』(みひつのこい)は、安部公房の書き下ろし 戯曲。11景から成る。ある小島の消防団長が、団員や島民たちと計画的に行なったヤクザ者の殺害を「未必の故意」に見せかけようとする物語。 団長を中心に島民たちの模擬裁判が行われる過程で、事件の状況や島の人間関係が ...

『未必の故意』(みひつのこい)は、安部公房の書き下ろし 戯曲。11景から成る。ある小島の消防団長が、団員や島民たちと計画的に行なったヤクザ者の殺害を「未必の故意」に見せかけようとする物語。 団長を中心に島民たちの模擬裁判が行われる過程で、事件の状況や島の人間関係が ...

未必の故意 (戯曲) 未必の故意 (戯曲)の概要 ナビゲーションに移動検索に移動未必の故意Involuntary Homicide作者安部公房国 日本言語日本語ジャンル戯曲幕数11景刊行新潮社 1971年9月10日装幀:金羊社初演劇団俳優座'71定期...

安部 公房『未必の故意 (1971年)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約3件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

安部 公房『緑色のストッキング・未必の故意』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約14件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

密会 (安部公房) あらすじ ある夏の夜明け前、救急車が家に押しかけ、妻をさらっていった。男(ぼく)は妻を捜し出すため、奇妙なシステムの閉鎖的な巨大病院に入り込む。そこは、「人間関係神経症」の果てにインポテンツとなった副院...

『水中都市』(すいちゅうとし)は、安部公房の短編小説。帰り道が同方向だった男が突然、主人公のアパートに入り込み、父親と名乗り住みつくと奇怪な魚に生れ変って窓から飛び出し、街全体が水中の世界に変ってしまう物語。 登場人物の変身する様が、安部公房独特の寓意とユーモア ...

『第四間氷期』(だいよんかんぴょうき)は、安部公房のSF 長編小説。「序曲」「プログラム カード No.1」「プログラム カード No.2」「間奏曲」「ブループリント」の5章から成る。日本で最初の本格的長編SF小説だとされている 。 万能の電子頭脳「予言 機械」を研究開発した博士が、実験台と ...

『箱男』(はこおとこ)は、安部公房の書き下ろし 長編小説。ダンボール箱を頭から腰まですっぽりとかぶり、覗き窓から外の世界を見つめて都市を彷徨う「箱男」の記録の物語。 「箱男」の書いた手記を軸に、他の人物が書いたらしい文章、突然挿入される寓話、新聞 記事や詩、冒頭のネガ ...

未必の故意 安部公房 あらすじ ⭐ LINK ✅ 未必の故意 安部公房 あらすじ

Read more about 未必の故意 安部公房 あらすじ.

6
7
8
9

Comments:
Guest
How come an educational system that put so much emphasis on penmanship produced so many doctors?
Guest

The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.

Guest
Love conquers all, except poverty and toothache.
Calendar
MoTuWeThFrStSu