手巾 芥川 龍之介

手巾 芥川 龍之介

手巾 芥川 龍之介



底本:「現代日本文学大系 43 芥川龍之介集」筑摩書房 1968(昭和43)年8月25日初版第1刷発行 入力:j.utiyama 校正:柳沢成雄 1998年9月14日公開 2004年3月16日修正 青空文庫作成ファイル:

芥川龍之介『手巾』のあらすじ. 上述のとおり、主人公は長谷川謹造先生です。植民政策の研究をしており、そういう本も読むのですが、とにかく仕事に関係ある書物は一通り読む。

『手巾』(ハンケチ)は、芥川龍之介の短編小説。1916年10月の『中央公論』にて発表された。

Amazonで芥川 竜之介の手巾。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

芥川龍之介「手巾j論 ら僕の心に映たのは、どうやら自分の家の老人でもかくれた如ヘルム一世が崩御された号外が達した許り。 小供の言葉使ひかと云ふた、其日の新聞は未だ見なかったが、聞けば老帝ウヰルベソ掻く聞に姉の方が「あのい』御爺さんの ...

久しぶりに書棚から「日本文学全集」(新潮社)の「芥川龍之介集」を取り出し、『手巾(ハンケチ)』を読みました。 この短編の主人公は、東京法科大学教授、長谷川謹造先生。「武士道」で有名な新渡戸稲造がモデルだと言われています。

手巾 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ 手巾 芥川 龍之介

Read more about 手巾 芥川 龍之介.

6
7
8
9
10
11

Comments:
Guest
It's always a good idea to seek the advice of others, but that doesn't mean you have to take it.
Guest

Four be the things I am wiser to know: idleness, sorrow, a friend and a foe.

Guest
One today is worth two tomorrows.
Calendar
MoTuWeThFrStSu