志賀 直哉 川端 康成

志賀 直哉 川端 康成

志賀 直哉 川端 康成



 · 川端康成と志賀直哉の対比 梅子さん(@rajioremon)がシェアした投稿 - 2017 6月 6 9:29午後 PDT 川端康成と志賀直哉、この二人の作家の経歴や文章を読んでいると、其々「誤解されやすい」作家であることがわかる。

 · 三島由紀夫や志賀直哉、川端康成らの作品が青空文庫で公開されるのは20年先に 著作権保護期間が“死後70年”へ延長、公開されるはずだった ...

 · 『追悼の文学史』は、佐藤春夫・高見順・広津和郎・三島由紀夫・志賀直哉・川端康成という6人の作家がそれぞれ亡くなった際、文芸誌「群像 ...

 · 新人時代、芥川賞を取れなかったときには「川端康成へ」という反論を書いている。 ... 一方、芥川と同世代の志賀直哉を嫌い、晩年にケンカを ...

高橋和巳 ; 志賀直哉 ; 川端康成 (近代作家追悼文集成 / 稲村徹元監修, 43) ゆまに書房, 1999.2

志賀 直哉(しが なおや、1883年(明治16年)2月20日 - 1971年(昭和46年)10月21日)は、明治から昭和にかけて活躍した日本の小説家。 白樺派を代表する小説家のひとり。「小説の神様」と称せられ多くの日本人作家に影響を与えた。代表作に「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて ...

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · 川端康成が越後湯沢の温泉宿で『雪国』を書き、太宰が好んで湯村温泉に逗留するなど、作家と温泉にはただならぬ関係があります。志賀直哉が『城崎にて』を書き上げた、兵庫県が誇る城崎温泉(豊岡市)もそんな温泉街の一つ。そんな文化の香り高い城崎温泉に行ってみましょう。

→次は「川端康成ゆかりの湯ヶ島温泉(静岡県)」 名作を読んでみよう. 志賀直哉の代表作品 『暗夜行路』 Amazon.co.jpで購入 『和解』 Amazon.co.jpで購入 『小僧の神様 他十篇』 Amazon.co.jpで購入 ※掲載している情報は2009年10月現在のものです。

志賀直哉、広津和郎、川端康成、が出席。 <文芸>(S23.6.1・河出書房発行・6月号)は、 「作家の態度(一)」と題する座談会で、 志賀直哉、佐々木基一、中村眞一郎、が出席。

志賀 直哉 川端 康成 ⭐ LINK ✅ 志賀 直哉 川端 康成

Read more about 志賀 直哉 川端 康成.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Everything has its beauty--but not everyone sees it.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
A friend is long sought, hardly found and with difficulty kept.
Calendar
MoTuWeThFrStSu