川端 康成 雪国 解説

川端 康成 雪国 解説

川端 康成 雪国 解説



『雪国』の舞台となったのは? 本作の舞台となった土地は、新潟県の湯沢温泉です。冒頭列車が抜けるトンネルは、群馬県と新潟県の間にある清水トンネル。『雪国』も『伊豆の踊り子』と同様に、川端康成本人の旅の経験を元に書かれているのです。

『雪国』(ゆきぐに)は、川端康成の長編小説で、名作として国内外で名高い。雪国を訪れた男が、温泉町でひたむきに生きる女たちの諸相、ゆらめき、定めない命の各瞬間の純粋を見つめる物語 。愛し生きる女の情熱の美しく哀しい徒労が、男の虚無に研ぎ澄まされた鏡のような心理の抒情に映されながら、美的に抽出されて描かれている 。

日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

雪国, 駒子, あらすじ, 解説, 感想 言わずと知れた川端康成の代表作『雪国』を紹介します。 この小説は、日本のみならず海外でも評価が高く、多くの翻訳がなされています。

概要>親譲りの財産で無為徒食の生活をする妻子ある島村は、雪国の温泉町で駒子と出会い、その一途な生き方に惹かれる。一方で、献身的に尽くす葉子の儚い美しさを知る。怜悧で虚無な島村の心の鏡に映る、駒子の情熱と葉子の透明さを哀しく美しい抒情で描く。

川端 康成 雪国 解説 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 雪国 解説

Read more about 川端 康成 雪国 解説.

9
10
11

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

Grandchildren are God's way of compensating us for getting old.

Guest
Marriage is like any other job--it's much easier if you like the boss.
Calendar
MoTuWeThFrStSu