川端 康成 関東 大震災

川端 康成 関東 大震災

川端 康成 関東 大震災



横光利一と川端康成の関東大震災 1.はじめに 1923 年9 月1 日午前11 時58 分、南関東を突如 襲った関東大震災に文学者たちはどこでどのように 遭遇したのだろうか。被災時の場所によって体験は 異なり、受けとめ方も千差万別であるが、大震災後

ここも上記と同じく関東大震災のあと区画整理されすっかり変わってしまっています。現在の地番では台東区小島町2-15付近です。 この頃、川端康成は本郷真砂町にあったカフェー・エランの”初代”に恋をし、婚約までします。

眼」の認識と関東大震災の関わりを考察し,そ こに見えてくる川端における「末期の眼」の認 識とは何か,戦後の「魔界」思想をとらえる前 提として(2),竹久夢二,芥川龍之介,古賀春江 を川端がどのようにとらえていたかを考えてみ たい。

村武羅夫、十重田(注3)の横光利一と川端康成といったように、ある特定の文学者の 研究が中心であり、包括的な研究は限られていた。ちょうど本稿の準備をしている 注1 李志炯(2002)「関東大震災と〈震災小説〉―大震災後の報道環境と島崎藤村『子に送

しかも、7カ月の早産だった康成はひ弱な体で短命を予感していた。 時代もまた、死の雰囲気を漂わせていた。川端は東大英文科学生だった24歳の大正12年、関東大震災に遭っ た。

関東大震災では建物の倒壊と火災による被害が甚大で、津波と地震動の被害を分離することが困難なため、津波に関する報告は断片的で全体像が明確になっていなかった。 ... 『川端康成全集第26巻 随筆1』 新潮社、1982年4月。 ...

『浅草紅団』(あさくさくれないだん)は、川端康成の長編小説。旧漢字表記では『淺草紅團』。全61節から成る。川端が30歳から31歳にかけての執筆作で、昭和初頭の浅草の人間模様を見聞記風・叙景詩風に描いた作品である 。 昭和モダニズム文学とも呼ばれ、この作品の影響で、浅草を ...

大正12年9月1日、関東大震災、発生。当地ゆかりの人物はどうしたか。当地で被災した宇野千代、池部良、堀口大学、佐藤春夫、徳富蘇峰、辻潤は川崎、間宮茂輔は渋谷、北園克衛は銀座で被災。堺利彦は監獄で、佐多稲子と子母沢寛は職場で被災した

東京都慰霊堂は、大正12年(1923年)9月1日に発生した、関東大震災による遭難者(約58,000人)の御遺骨を納めるための霊堂として、東京市内(現在の23区の中心部)で最も被害の大きかった被服廠跡に、震災7年後の昭和5年(1930年)に完成しました。

川端 康成 関東 大震災 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 関東 大震災

Read more about 川端 康成 関東 大震災.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
It's not only quiet people who don't say much.
Guest

An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu