川端 康成 有難う 感想

川端 康成 有難う 感想

川端 康成 有難う 感想



こんにちは、イシイ(男)です。9月17日の読書会の感想と、今週の例会を共に送ります。遅れてすみませんでした。①「水晶幻想」川端の「水晶幻想」は、率直に言いますと実に複雑怪奇な小説だったと思われます。私は読書の際まず、物語の筋を読むことに精力を注ぐのですが本作は話の間際 ...

川端 康成『有難う: 掌の小説』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

川端 康成『掌の小説』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

「有難う」川端康成についてです。この短編はどうゆうことを伝えたいんでしょうか? 母親が娘を売りにいく。そこへ有難うさんという方が運転手でやっていく。この運転手さんはたとえ動物だろうと道を譲ってくれれば「有難う」と...

文学・古典 - 解説してもらえませんか… 川端康成の『有難う』という小説を読んだのですが、うまく解釈することが出来ませんでした。なので、解説していただきたいのですが… 質問No.9263424

川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · 川端康成の代表作(4)「山の音(やまのおと)」 川端康成の傑作であり、 戦後の日本文学の最高峰に位するもの 、とまで称賛された代表作です。 主人公は、東京の会社の重役である六十代の男・尾形信吾。そして、舞台はその老夫婦が住む家。

川端康成の『掌の小説』を読んでいる。読んでいるとは、まだすべてを読み終わっていないという意味だ。(読み終わった後に書いている) 一冊に122編の掌編を集めている。最初から順に読み進めていると、少しめまいを感じるくらいだ。だから、日々そばに置いて、ぱっと開いたページを ...

川端 康成 有難う 感想 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 有難う 感想

Read more about 川端 康成 有難う 感想.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Last year I made a list of things that I resolved to do--I'll use that list again this year--it's still as good as new.
Guest

The more you say, the less people remember.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu