川端 康成 掌 の 小説 感想

川端 康成 掌 の 小説 感想

川端 康成 掌 の 小説 感想



『掌の小説 (新潮文庫)』(川端康成) のみんなのレビュー・感想ページです(167レビュー)。

『掌の小説』(たなごころのしょうせつ)は、川端康成の掌編小説集。「てのひらのしょうせつ」とルビが付されている場合もある 。 川端が20代の頃から40年余りにわたって書き続けてきた掌編小説を収録した作品集で、1971年(昭和46年)3月15日に新潮文庫より刊行された。

森晴雄『川端康成『掌の小説』論―「雨傘」その他』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

川端 康成『掌の小説』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

感想を送る; どういう本? タイトロジー(タイトルを読む) 吉村貞司氏は本書解説で「私は百十一編の掌の小説の中に、川端康成という作家のあらゆる要素がふくまれているといいたい。」と書いています。

 · 掌の小説 - 川端 康成 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。

 · 川端康成のおすすめ小説本ランキング! ... 本作も『掌の小説』に収録された短編小説ですが、扱うテーマは非常に重いです。 ... あらすじ&感想を語り尽くす! 小説 2017.6.28 ほのぼの系の私小説おすすめランキング!人気作品厳選ベスト10選!

 · 掌の小説について。。。 掌の小説の解説をお願いします。この夏、川端康成の著書、掌の小説を購入し、読書をはじめてみたのですが、私には高度過ぎる内容で、作品の良さ、特徴、文体、この本の良作、傑作がわかりません。本の...

 · 日本で初めてノーベル文学賞を受賞したことで名高い作家、川端康成。川端の数多い著作の中でも、特に『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」という書き出しと相まって、彼の代表作として有名です。しかし、「歴史的な小説なのは知っているけ

川端 康成 掌 の 小説 感想 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 掌 の 小説 感想

Read more about 川端 康成 掌 の 小説 感想.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Guest

Children who could be seen and not heard have been replaced by those who can be heard even when they're out of sight.

Guest
A bad habit is nothing more than a mistake repeated.
Calendar
MoTuWeThFrStSu