川端 康成 志野 茶碗

川端 康成 志野 茶碗

川端 康成 志野 茶碗



『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である 。 亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精のように回想する青年が、夫人の娘と ...

川端康成 ... 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を扱いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作である。

川端康成(かわばたやすなり) ... 定価 438円 ジャンル 小説: 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を吸いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作である。 ...

 · 川端康成 (刊行日) ... 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を扱いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した …

名器である志野茶碗を中心に人間の愛欲が巡りめぐる作品です。でもなぜ題名が「千羽鶴」なのか...それにはきちんと理由があります。 「千羽鶴」は川端康成の描く女性美が極致に至った作品です。また、川端作品の中でも読みやすいのでかなりおすすめ。

志野釉を使い、雪を思わせる真っ白な地から模様がわずかに滲みあがるような簡潔で抽象的かつ暖かみのある素朴なデザインを特徴とする。 釉薬は長石が主でたっぷりと厚く施釉される。 茶器、茶碗、皿、鉢、花瓶、壺などが造られている。. 志野焼は、室町時代の茶人・志野宗信が美濃の ...

千羽鶴のおかげで、志野茶碗がブームとなり、 そして、志野がメジャーになったんだそうです。 、、、というわけで 荒川豊蔵と川端康成の二人は「志野を世に広めた功労者」 という事になっております。 さて、もうひとつは雪国。

ノーベル文学賞受賞作家・川端康成といえば、『雪国』や『伊豆の踊子』が有名ですが、愛憎劇、官能的かつ変態的な作品など、過激な作品もたくさんあります。ここではそんな川端康成のおすすめ作品を紹介しています。

川端康成は、敗戦後に「日本古来の悲しみの中に帰ってゆくばかりである」という決意のもとに作家活動を続け、日本人の心性であった「もののあはれ」の世界が、 ... 官能的な夫人の肉感に象徴される形見の志野茶碗の名器の感触と幻想から生まれる超 ...

C『川端康成論』鶴田欣也(ブリティッシュコロンビア大教授) 明治書院 昭和63年3月 D『川端康成研究』今村潤子(尚絅大学助教授) 審美社 1988年5月 ... 文子は母の形見の口紅に色がついたような志野の茶碗を菊治に与える。 ...

川端 康成 志野 茶碗 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 志野 茶碗

Read more about 川端 康成 志野 茶碗.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu