川端 康成 志野 茶碗

川端 康成 志野 茶碗

川端 康成 志野 茶碗



『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である 。 亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精のように回想する青年が、夫人の娘と ...

川端康成(かわばたやすなり) ... 定価 438円 ジャンル 小説: 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を吸いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作である。 ...

『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である 。亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精の ...

川端康成 ... 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を扱いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作である。

内容 穴窯志野の名手。凛とした姿が実にいい。カチッとした最高級志野長石です。全体に走る緋色の発色最高です!口縁部の緋色を川端康成は「千羽鶴」で口紅と表現する。全体の釉流れが味わい深い!釉溶け良。鬼板の発色良。「山に松文 垣根文」。

川端康成が1949年から1951年に発表した断章をまとめた"千羽鶴"と、1953年から1954年に発表した断章をまとめた"波千鳥"を収録。 "波千鳥"は、取材ノートが盗難にあったため、執筆が断念されてます。

内容 穴窯志野の名手。凛とした姿が実にいい。カチッとした最高級志野長石です。全体に走る緋色の発色最高です!口縁部の緋色を川端康成は「千羽鶴」で口紅と表現する。全体の釉流れが味わい深い!釉溶け良。鬼板の発色良。「円相文」。

志野茶碗 卯花墻 川端康成千羽鶴 先日の国立上野博物館で久しぶりに志野茶碗にお目にかかれた。 というのも、私がお茶をはじめた20代のころは、よくお茶会でももてはやされ、度々手にしたように思う。

どうも^^ぼんくらです!日々雑感、今日は川端康成の「千羽鶴」です。先日読み終わりまして、思ったことをつらつら書こうと思います。ネタバレもありますので、それが気…

川端 康成 志野 茶碗 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 志野 茶碗

Read more about 川端 康成 志野 茶碗.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu