川端 康成 志野 茶碗

川端 康成 志野 茶碗

川端 康成 志野 茶碗



川端康成 ... 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を扱いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作であ …

川端康成/著 605 円 (税込) 発売日:1989/11/17 ... 背徳と愛欲の関係を志野茶碗の美に重ねた、川端文学の極致。 ...

川端康成(かわばたやすなり) ... 定価 438円 ジャンル 小説: 志野茶碗がよびおこす感触と幻想を地模様に、一種の背徳の世界を吸いつつ、人間の愛欲の世界と名器の世界、そして死の世界とが微妙に重なりあう美の絶対境を現出した名作である。 ...

内容 穴窯志野の名手。志野の見本のような作。凛とした姿が実にいい。カチッとした最高級志野長石です。緋色の発色最高です!口縁部の緋色を川端康成は「千羽鶴」で口紅と表現する。全体の釉流れが味わい深い!釉溶け良。カイラギ最高!

『千羽鶴』(せんばづる)は、川端康成の長編小説。川端の戦後の代表作の一つで、芸術院賞を受賞した作品である 。 亡き不倫相手の成長した息子と会い、愛した人の面影を宿すその青年に惹かれた夫人の愛と死を軸に、美しく妖艶な夫人を志野茶碗の精のように回想する青年が、夫人 …

【宏】1072) 頭山満 筆 矢野景川 作 「茶碗」 志野 茶道具 共箱/(玄洋社板垣退助孫文川端康成武者小路実篤棟方志功)

公益財団法人川端康成記念会のホームページ。川端康成文学賞の授与、川端康成の作品資料、遣品、愛蔵品等の保存および研究家等への公開。出品作品リストの紹介ページです。

ノーベル文学賞受賞作家・川端康成といえば、『雪国』や『伊豆の踊子』が有名ですが、愛憎劇、官能的かつ変態的な作品など、過激な作品もたくさんあります。ここではそんな川端康成のおすすめ作品を紹介しています。

しかも、茶碗の姿は現実なので、茶碗をなかにして向かい合っている、自分と文子との現実も無垢のように思える。」(以上、『二重星』三) この文章を引用して、今村尚絅大学助教授は、こういう。(D『川端康成研究』審美社)

千羽鶴のおかげで、志野茶碗がブームとなり、 そして、志野がメジャーになったんだそうです。 、、、というわけで 荒川豊蔵と川端康成の二人は「志野を世に広めた功労者」 という事になっております。 さて、もうひとつは雪国。

川端 康成 志野 茶碗 ⭐ LINK ✅ 川端 康成 志野 茶碗

Read more about 川端 康成 志野 茶碗.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Guest

Better to be square than to move in wrong circles.

Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Calendar
MoTuWeThFrStSu