川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ

川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ

川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ



『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は、川端康成の短編小説。川端の初期の代表作で、伊豆を旅した19歳の時の実体験を元にしている 。孤独や憂鬱な気分から逃れるため伊豆へ一人旅に出た青年が、修善寺、湯ヶ島、天城峠を越え湯ヶ野、下田に向かう旅芸人一座と道連れとなり、踊子の少女に淡い恋心を抱く旅情と哀歓の物語。孤児根性に歪んでいた青年の自我の悩みや感傷が、素朴で清純無垢な踊子の心によって解きほぐされていく過程と、彼女との悲しい別れまでが描かれている 。

今回は 『伊豆の踊子(おどりこ)/川端康成』のあらすじと要約 です。 「川端康成」と聞けば誰しも「伊豆の踊子」と「雪国」を思い出すほどの名作ですね。 今回の伊豆の踊子は川端康成の出世作であり、全編を通して新鮮な感覚が流れ、青春文学の最高傑作といわれています。

 · 「伊豆の踊子」は1926年、大正15年の作品、作者の伊豆での旅行体験を元に描かれた小説です。 あらすじ 「私」は伊豆半島旅行で旅芸人(男1名女4名)と同行になります。若い踊り子にほのかな恋心を抱きます。彼らと行動をともにしてゆくなかで、孤児である私の心は癒されます。

 · 川端康成『伊豆の踊子』の簡単なあらすじと読書感想文の見本です。感想文は1618字ほど書きました。高校生や中学生の方は、この感想文の例を参考にして書き方を工夫してみてください。なお、著作権フリーなのでコピーもパクリも問題ありません。コピペも丸写しもokです。

 · 川端康成「伊豆の踊子」のあらすじを簡単にご紹介します。物語は自分の存在価値に悩む青年が旅をするところから始まります。青年は憂鬱が嫌になって一人で伊豆に出かけます。彼は旅芸人に出会い、一人の踊り子に心を惹かれるのです。

川端康成の代表的短編小説! ノーベル文学賞を受賞された作家で「言葉の天才」とも言われる川端康成。 作品自体は読んでいなくても冒頭部分は知っているという方も多いのではないでしょうか。 特に有名なものを2つ。 『伊豆の踊子』の冒頭。

伊豆の踊子 (新潮文庫)/川端 康成 ¥380 Amazon.co.jp 川端康成『伊豆の踊子』(新潮文庫)を読みました。 『雪国』と並んで、もっとも知名度のある川端康成の作品が、「伊豆の踊子」でしょう。 実は、40ページほどの短い作品なんです。

映画『伊豆の踊子(1974)』IMDbサイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。映画『伊豆の踊子(1974)』の作品情報・概要『伊豆の踊子』(いずのおどりこ)は川端康成の同名小説を原作として製作された日本映画。1974年(昭和49年)12月公開。

川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ ⭐ LINK ✅ 川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ

Read more about 川端 康成 伊豆 の 踊子 あらすじ.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Guest

Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.

Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu