川端 康成 ロダン

川端 康成 ロダン

川端 康成 ロダン



川端 康成(かわばた やすなり、1899年(明治32年)6月14日 - 1972年(昭和47年)4月16日)は、日本の小説家、文芸評論家。 大正から昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人である。 1968年、ノーベル文学賞受賞。. 大阪府出身。 東京帝国大学 国文学科卒業。

 · ロダン《女の手》を見る川端康成 撮影:林忠彦. 川端はロダンの彫刻《女の手》を仕事机の上において愛でたそうです。 この写真は、熱心に作品を見つめる川端と《女の手》です。 長い時間、凝視し、作品と向き合っていたようです。

^ 川端康成「林房雄宛ての書簡」(昭和14年7月27日付)。小谷野 2013, p. 299 ^ 音声録音『川端康成ハワイ大学講義 源氏物語と自作を語る』(カセットテープ全6巻、藤田圭雄監修・解説、アポロン音楽工業、1987年)がある。 ^ a b 「解題」(雑纂2 1983)

 · 姫路市立美術館と姫路文学館の共同展覧会「生誕120年 文豪川端康成と美のコレクション展」が、2019年9月14日(土)から11月4日(月・休)まで開催さ ...

川端康成日曜講座 日曜講座① 「川端康成 その人とふるさと」 講師:今井瞳良(茨木市立川端康成文学館学芸員) 会場:姫路市立美術館 2階 講堂. 参加費:無料(定員80人・先着順) 日曜講座② 「川端康成、その初恋の秘密」

オーギュスト・ロダン 《女の手》 公益財団法人川端康成記念会蔵 また、第3章「川端文学と装丁画」では、川端の代表作『古都』の挿絵となった東山魁夷の絵画「京の春」や「京の秋」、『千羽鶴』の装丁原画となった小林古径「双鶴図」を見ることが ...

祖父・川端万邦の≪構宅安危論≫も展示されていた。 易学をやっていた人らしい。 最晩年の祖父と康成とのやり取りの文章も並べられていた。 そういえば、祖父のことが出てくる話をいくつか読んだ。 自死する際、川端康成は祖父の姿を思い出したか。

民藝とか古いものとか、美しい手仕事が好きです。作者が誰とかいうことはあまり気にならないけれど、ハッとするような大胆さや、大らかさを、細やかな仕事の中に見出すと、なんというか、体の血液が沸々と煮立ってくるような、泡立ってくるような感じもしますし、脳内からなにやら分泌 ...

川端 康成 ロダン ⭐ LINK ✅ 川端 康成 ロダン

Read more about 川端 康成 ロダン.

2
3
4
5

Comments:
Guest
He who sows courtesy reaps friendship, and he who plants kindness gathers love.
Guest

A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.

Guest
The biggest problem with perfection is what to do with all the unused erasers
Calendar
MoTuWeThFrStSu