尼塚 清少納言

尼塚 清少納言

尼塚 清少納言



【あまづか】あま塚は、鳴門の海岸近くの路地裏にひっそりとある。案内板はあるが、自動車で進入するのをためらうような場所にある。案内板によると、このあま塚と呼ばれるお堂には、清少納言の墓が安置されている。地元の言い伝えでは、清少納言はこの地で亡くなったという。

清少納言(せい しょうなごん、康保3年頃〈966年頃〉 - 万寿2年頃〈1025年頃〉)は、平安時代中期の女流作家、歌人。 随筆『枕草子』は平安文学の代表作の一つ。 本名は清原 諾子(きよはら の なぎ …

清少納言は漢文の知識で天狗になっている男達をやり込め、名声はどんどん高まった。 ... 晩年は尼となり京都東山の月の輪に住む。 墓は滋賀坂本のほか、徳島・鳴門市の里浦町にも供養塔(尼塚)がある。 ...

里浦村城ヶ峯の麓老松の下にあり、元禄年間の改築にかかる花崗石の五重の塔は、名のみの一小宇僅かに之を蔽ひ、塔側には小庵ありて香華をひさぐ、あま塚は海士塚にて男狭磯の墓と云ひ、或は尼塚にて清少納言の墓と稱し、後者につきては殊に牽强府會の説を傅ふるも、本村限村長 村幸八 ...

」古事談・清少納言零落秀句事 「比丘尼の姿で阿波里浦に漂着し、その後辱めをうけんとし自らの陰部をえぐり投げつけ姿を消し、尼塚という供養塔を建てたという」徳島県鳴門市里浦町坂田 伝墓所 すさまじいかぎりである。

尼塚という供養塔を建てたという」 (Wikipedia“清少納言”参照) 自らの陰部をえぐり、投げつけ…?! さらっと強烈…笑 そもそも今回は家族で出かけるにあたって、 「昔、お父さんとデートで 清少納言のお墓に行ったことがある」

尼塚 清少納言 ⭐ LINK ✅ 尼塚 清少納言

Read more about 尼塚 清少納言.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
A grouch is a person who somehow can manage to find something wrong with even the good old days.
Guest

The people who are hardest to convince they're ready for retirement are children at bedtime.

Guest
Time is not an enemy unless you try to kill it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu