宮部みゆき 屍鬼

宮部みゆき 屍鬼

宮部みゆき 屍鬼



宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日 -)は、日本の小説家。東京都 江東区生まれ。日本推理作家協会会員 。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」元会員 。 OL、法律事務所 、東京ガス集金課勤務 の後、小説家になる。

1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリー小説や、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイル

1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリー小説や、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。

『屍鬼』(しき)は、小野不由美作の小説。1998年に新潮社から単行本(上・下巻)が、2002年に新潮文庫から文庫本(全5巻)が発行された。 本作を原作とした藤崎竜の漫画についてもこの項で解説する。

★2009年5月11日の記事を再掲 いやぁ~とにかく長かった。情景描写・心理描写が巧みで、これでもかこれでもかと描写されているから、それが余計に読むスピードにブレーキを掛けているという感じ。読むスピードにイメージするスピードが遅れがちになってしまうと言ったら解り易いかもしれ ...

さて、この物語は終わりを迎えたわけですが、この物語の解説を宮部みゆきが担当しています。 その宮部によると、今回の物語は、是非ともハードカバーの単行本で読むべきだ・・・と語っております。 今回の物語は、全編をとおして非常に面白かったです。

前から読んでみたかった宮部氏の「クロスファイア」。やっと図書館で見つけて読みました。上下巻2日で読んだ私はアホです(笑)超能力で物が燃やせる女性が主人公なんですが、最後の最後まで展開が読めず面白かったです。ちょぴっと切なくもなってしまいましたが(苦笑)んで、日記を ...

屍鬼は群像劇で、文庫版五巻のあとがき(宮部みゆき氏)でも「誰を主人公と特定することの難しい多彩な登場人物」という文言が出てきます。 で、結局誰が主人公なの?

小野不由美さんの屍鬼の文庫版を読み終わって、宮部みゆきさんの解説を読んだら「この作品はハードカバーで 小野不由美さんの屍鬼の文庫版を読み終わって、宮部みゆきさんの解説を読んだら「この作品はハードカバーで読んだ方がいい」「文庫版を読み終わったらハードカバーも欲しく ...

小野不由美の『屍鬼』とスティーヴン・キングの『呪われた町』:どっちが好き? 宮部みゆきさんだったと思うんですが、『屍鬼』が『呪われた町』を超えたと評していたのをどこかで読んで興味をもちました。『呪われた町』は大好きな小説のひとつなので、かなり期待して本書を手に取っ ...

宮部みゆき 光文社 1995年発行. クロスファイア: 宮部みゆき 光文社 1998年発行: 屍鬼 小野不由美 新潮社 1998年発行: 読み始めてまず思ったのは、これは『呪われた町』へのオマージュというよりパスティーシュではないのかということ。

今回は私の好きな、本のおすすめ紹介。眠れなくなるほどに本の世界に没頭できる長編小説を紹介します。笑いあり、涙あり、時には人生を変えてくれる程の感動を与えてくれる物語。出逢えて良かったと思える本10作品をどうぞ。

宮部みゆき 屍鬼 ⭐ LINK ✅ 宮部みゆき 屍鬼

Read more about 宮部みゆき 屍鬼.

2
3
4
5
6

Comments:
Guest
In the eyes of a child, there are 7 million wonders of the world
Guest

No person ever advanced by traveling in reverse.

Guest
Don't give someone a piece of your mind unless you're ready to live with what's left.
Calendar
MoTuWeThFrStSu