宮本 武蔵 朗読 たけはづち

宮本 武蔵 朗読 たけはづち

宮本 武蔵 朗読 たけはづち



武葉槌(たけはづち) 北海道でのんびりと暮らしているタダノヒトです。 少し北海道なまりがありますが、それが気にならない方はよかったら朗読を楽しんでください。 お問い合わせはこちらからお願いします。 お問い合せ掲示板. ツイッターは Tweets by ...

 · 武葉槌(たけはづち) 北海道でのんびりと暮らしているタダノヒトです。 少し北海道なまりがありますが、それが気にならない方はよかったら朗読を楽しんでください。 お問い合わせはこちらからお願いします。 お問い合せ掲示板. ツイッターは Tweets by ...

「宮本武蔵80 円明の巻13」作:吉川英治読み手:武葉槌<今回の音声は。。。>今回は、「円明の巻」の、「魚歌水心」の章を読ませていただきました。今回で長かった宮本武蔵、最終回です。小次郎との試合に向う武蔵。果たして、試合の結果は。

「宮本武蔵46 空の巻4」作:吉川英治読み手:武葉槌<今回の音声は。。。>「空の巻」の、「銭」、「虫焚き」の章の朗読です。石母田外記と別れ、武蔵はまた城太郎やお通を探しながら進む。その様子を見て、駕籠かきが武蔵に声をかける。二人を探してやろ

「宮本武蔵4 地の巻4」作:吉川英治読み手:武葉槌<今回の音声は。。。>「地の巻」から「縛り笛」の章の朗読です。お通と沢庵は、食べ物や飲み物をたくさん持って、山に入ります。何か沢庵に考えがあるようなのですが、たった3日で武蔵(たけぞう)を捕

「宮本武蔵23 火の巻8」作:吉川英治読み手:武葉槌<今回の音声は。。。>「火の巻」から「奔馬」の章の朗読です。朝早く宿を出た、お通と城太郎。城太郎は馬に乗りたいとだだをこねる。しかたなく城太郎を馬に乗せてあげるお通だったが、そのとき、後ろ

 · **お知らせ** YouTubeへの動画の投稿をやめることにしました。 今後はブログで地味に活動していきます。 「宮本武蔵」の続きは、ブログでお ...

『宮本武蔵』(みやもとむさし)は、吉川英治の新聞小説。朝日新聞に連載されたこの作品は、1935年の8月23日から、4年後の1939年7月11日まで続いた。. 二天一流の開祖でもある剣豪・宮本武蔵の成長を描き、剣禅一如を目指す求道者・宮本武蔵を描いたこの作品は、日中戦争から太平洋戦争へと ...

「鳴門秘帖43 鳴門の巻4」作:吉川英治読み手:武葉槌<今回の音声は。。。>「鳴門秘帖」、連載43回目です。ついに最終回となりました。今回は、「鳴門の巻」の「頭巾と侏儒」、「山千禽」の章を読ませていただきました。突然現れた鴻山の言葉に驚愕す

 · 活動写真弁士『麻生八咫(あそうやた)』による、吉川英治 著『宮本武蔵』の朗読。

宮本 武蔵 朗読 たけはづち ⭐ LINK ✅ 宮本 武蔵 朗読 たけはづち

Read more about 宮本 武蔵 朗読 たけはづち.

9
10
11

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

People with coughs don't go to the doctor-- They go to the concert.

Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Calendar
MoTuWeThFrStSu