宮本 武蔵 九州

宮本 武蔵 九州

宮本 武蔵 九州



宮本武蔵(みやもと-むさし)には数々の伝承や憶測がありますが、いったいどんな人物だったのでしょう?そんな剣豪・宮本武蔵の生い立ちをご紹介しながら、晩年を過ごした熊本での宮本武蔵ゆかりの地も簡潔かつ詳細にご紹介してみたいと存じます。

宮本 武蔵(みやもと むさし)は、江戸時代初期の剣術家、兵法家、芸術家。二刀を用いる二天一流兵法の開祖。

日本を代表する剣豪宮本武蔵。九州には佐々木小次郎との歴史的決闘の地をはじめ、さまざまな剣豪の足跡が残されています。二刀流へとたどり着いた経緯、剣歴が残る石碑、晩年は剣を筆に変え、あらゆる才能を発揮した武蔵の作品の数々。

武蔵塚公園の宮本武蔵像 霊巌洞: 九州西国十四番札所霊巌禅寺が霊巌洞のある寺である。 霊巌洞に向かって境内にを歩いて行くと、五百羅漢像がある。本当に五百体あるみたいでけっこうすごい。 この奥に大きな岩窟があって、階段で登って岩窟の中に入る。

九州の小倉宮本家の実質的な始祖は、武蔵ではなく、伊織だったからだけではなく、宮本家系図は武蔵自身をその田原氏の出身としてしまう。 すなわち、武蔵は伊織の祖父・甚右衛門家貞の二男、つまり伊織の父・甚兵衛久光の弟、なのである。

武蔵の引導石 寛永17年(1640年)、57歳の時に細川忠利(ほそかわただとし)公より客分として熊本に招かれた宮本武蔵(みやもとむさし)。 正保2年(1645年)に62歳で生涯を閉じるまでの5年間を熊本で過ごしました。

宮本 武蔵 九州 ⭐ LINK ✅ 宮本 武蔵 九州

Read more about 宮本 武蔵 九州.

5
6
7
8
9
10

Comments:
Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Guest

A good rule to follow is to do unto others as though you were the others

Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Calendar
MoTuWeThFrStSu