安部公房 中村宏

安部公房 中村宏

安部公房 中村宏



1950年 (昭和25年)、勅使河原宏や瀬木慎一らと共に「世紀の会」を結成。 埴谷によると、この時期の安部は食うや食わずの極貧で、売血をしながら何とか生活をしているという有様であり、埴谷は幾度か安部に生活費をカンパしたほどだったという。 同年夏ごろ、日本共産党に入党 。

安部公房の『飢餓同盟』を読みながら、中村宏(1932-)の初期の頃の絵を連想したので、久しぶりに画集をとりだしてみた。小説では、田舎町を舞台にして、動物めいたグロテスクな人物たちがうごめいて、革命や闘争が奇怪で生々しい展開を見せる。

『燃えつきた地図』(もえつきたちず)は、安部公房の書き下ろし 長編小説。『砂の女』『他人の顔』と共に、「失踪」三部作とされている 。 突然失踪した或るサラリーマンを捜索する探偵が、男の足取りを追って奇妙な事件に遭遇するうち、やがて探偵自身が記憶を見失って失踪する物語。

参考¶安部公房のほとんどすべては『安部公房全作品』全15巻(新潮社)で読める。ほかに『安部公房戯曲全集』(新潮社)、放送ドラマだけを集めた『安部公房集』(大光社)も。『砂漠の思想』は最近になって講談社文芸文庫に入った。

安部公房初期の傑作短篇。 編まれたのは1950年。 ネットはおろかコンピュータすら 別世界の存在だったはずです。 安部公房の想像力の産物です。 ※主人公の名前として与えられた 「アルゴン」は、 大気中に約1%の割合で含まれる

安部公房 作品一覧 小説終りし道の標べに (真善美社、1948年 / 講談社文芸文庫、1995年)壁 (月曜書房、1951年 / のち角川文庫、新潮文庫)闖入者 (未來社、1952年)飢えた皮膚 (ユリイカ、19...

52冊(内2組上下巻全50点)一括 各函付 以下欠 砂の女(安部公房)・侍(遠藤周作)・血の味(沢木耕太郎)・彗星の住人(島田雅彦)・高らかな挽歌(高井有一)・敵(筒井康隆)・終わりなき祝祭(辻井喬)・恋の泉(中村真一郎)・みごもりの湖(秦 ...

18番教室だったか、安部公房が東大出身だったしね。 出席は誰でもできるんです。だからいつも入れ替わり立ち代わりいろんな人がきた。三島由紀夫まで来たって言うし。僕は覚えてないですけど。野間宏、埴谷雄高、佐々木基一、梅崎春生など文学者が ...

(※)中村宏、安部公房がアジるのを聞く: 中村宏: それ自体がね。ああいう論理ってのは、まだあの時代なくて。後になりますと、吉本隆明が花田清輝を批判したけども。僕は文学としては花田清輝の方がおもしろいと思いました。

『群像』1974年1月号では、「戦後文学」に関する特集が組まれており、「批評家33氏による戦後文学10選」というアンケートと、秋山駿・磯田光一・柄谷行人・川村二郎・上田三四二らによる座談会「戦後文学を再検討する」という企画が組まれている。

安部公房 中村宏 ⭐ LINK ✅ 安部公房 中村宏

Read more about 安部公房 中村宏.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.
Calendar
MoTuWeThFrStSu