大江 健三郎 村上 春樹

大江 健三郎 村上 春樹

大江 健三郎 村上 春樹



黒古一夫 村上春樹の「落選」は、大騒ぎするようなことではなく、納得できるものであった―。ノーベル文学賞は作者の文学がどんなメッセージを内包しているかが重要だと考える文芸評論家の黒古一夫が受賞出来ない理由を考察する。 村上春樹の文学はどんな「生きる指針」を示してきたの ...

村上春樹も大江健三郎の影響を受けて『1975年のピンボール』のような『万延元年のフットボール』のような作品を書いたりしていたし、『ねじまき鳥クロニクル』では日本軍のノモンハン事件の愚かさも書いているのだが、昔から村上春樹も大江健三郎の ...

村上 春樹(むらかみ はるき、1949年 1月12日 - )は、日本の小説家、文学 翻訳家。. 京都府 京都市 伏見区に生まれ、兵庫県 西宮市・芦屋市に育つ。 早稲田大学在学中にジャズ喫茶を開く。 1979年、『風の歌を聴け』で群像新人文学賞を受賞しデビュー。 1987年発表の『ノルウェイの森』は2009年 ...

大江健三郎作品の英訳、ひどい出来だよ。 代表作の一つセブンティーンなんて、勝手に息の長い最終段落をいくつかのパラグラフに分割されてるし いっぽう、村上春樹作品は違和感ない英訳が多い。 ちなみに >>1 は外国語訳で読んでスレ立ててるの?

大江健三郎と村上春樹の作品には無視できない共通性が存在します。 その共通性を最も端的に象徴するのが“四国”というワードです。 初期の村上春樹の作品には、固有の地名がほとんど登場しません。

大江健三郎さんによる谷崎潤一郎賞の選評 きちょうめんな冒険家 - 大江健三郎 ・・・・・・村上春樹氏の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』について、やはり自分なら、ということを考えま …

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年 1月31日 - )は、日本の小説家。. 愛媛県 喜多郡 大瀬村(現内子町)出身。 東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、短編「飼育」により当時最年少の23歳で芥川龍之介賞を受賞。 1967年、『万延元年のフットボール』で最年少で谷崎 ...

村上春樹が、大江健三郎につながりを保ちつつも絶対に似ないものを書こうとした、ということは大いにありうるが、実際に『フットボール』を読むと、その差があまりに歴然としていること、言い換えれば、仮に『フットボール』を現代日本小説の正典と ...

大江健三郎でさえ、想像力はリアリズムと交差していた。想像力を全面的に解き放った作家は、一時期の谷崎をのぞけば、村上春樹以外にはいないといってよい。 村上春樹にはまた、遊びの精神も横溢して …

大江 健三郎 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ 大江 健三郎 村上 春樹

Read more about 大江 健三郎 村上 春樹.

7
8
9
10

Comments:
Guest
The best attitude to have it gratitude.
Guest

Nothing is as hard to do as getting off your high horse.

Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Calendar
MoTuWeThFrStSu