多和田葉子 韓国

多和田葉子 韓国

多和田葉子 韓国



第2回翻訳家座談会 ~多和田葉子著『献灯使』~ 世界10か国以上で翻訳されている多和田葉子さんの小説『献灯使』。2018年に全米図書賞(翻訳文学部門)を受賞したことでも話題となりました * 。今回は、著者の多和田さんを交えて、タイ、米国、ドイツ ...

多和田葉子 韓国人2020年01月27日 更新 「韓国人である」×「 多和田葉子 」の噂ですね…世の中には様々な都市伝説やただの噂というものが沢山あります。 一方で火のないところに煙は立たないとも言いますので、 多和田葉子 のこと、「韓国人」のこと、きちんと調べてから語りたいですね。

多和田葉子は、書かれた文字を読むことでしか行くことのできない世界に読者を連れていくことにかけては唯一無二の作家だ。 ... 韓国の未来を ...

 · 新型コロナウイルスがまん延し日常が激変した2020年。作家たちはたゆまず文学作品を生み出し続けた。同時に日本の女性作家の海外での評価が ...

10月8日(2020年)に発表されるノーベル文学賞。村上春樹さんとともに候補者として名前が挙がっているのが、多和田葉子さんだ。長らくドイツに在住し、ドイツ語での文学活動をしてきたので、日本ではあまり知られていないかもしれない。本書『献灯使』(講談社文庫)に収められている ...

ノーベル文学賞は昨年、選考主体のスウェーデン・アカデミー関係者による性的暴行疑惑などを理由に受賞者発表を見送った。2年ぶりとなる10日 ...

読み終わって、京都生まれで韓国籍を持つ徐京植と、東京生まれで22歳から主にドイツで暮らす多和田葉子の二人は、第1信で徐京植がいみじくも引用しているサイードのエッセー(「故国喪失についての省察」)にあるように”流動性や技能に重きをおく ...

 · 新刊『星に仄めかされて』―― この物語はどこから来てどこへ向かうのか。言葉を紡ぎ描く世界が不思議と近い未来を予見する、作家、多和田 葉子にインタビュー ベルリンを拠点とし、ドイツ語と日本語で創作を行う多和田 葉子。2018年は『献灯使』...

多和田葉子さんの『献灯使(けんとうし)』は、 震災を経た近未来の日本が舞台のディストピア小説です。 本作は、2018年に全米図書賞の翻訳文学部門を受賞しました。 ニュースでも取り上げられていたの …

日本共産党が発行している「しんぶん赤旗」日刊紙の主な記事を紹介しています

多和田葉子 韓国 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 韓国

Read more about 多和田葉子 韓国.

7
8
9
10

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

People who look for the easy way out seem to have trouble finding an exit.

Guest
Happiness is nothing more than health and a poor memory.
Calendar
MoTuWeThFrStSu