多和田葉子 裸足の拝観者

多和田葉子 裸足の拝観者

多和田葉子 裸足の拝観者



 · 多和田 葉子 たわだ・ようこ(1960年3月23日 - )小説家、詩人。東京都中野区生まれ。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。西ドイツ・ハンブルク大学大学院修士課程修了。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。1982年からドイツ在住。19

虎使いとなるため、師とともに人里離れた森の中の寄宿舎で修行を続ける女性達の深遠なる精神の触れ合いを描いた作品。表題作ほか、「盗み読み」「胞子」「裸足の拝観者」「光とゼラチンのライプチッヒ」を収録。 虎使いとなるため、師とともに人里離れた森の中の寄宿舎で修行を続ける ...

著:多和田 葉子: ... 盗み読み「群像」96年10月号 胞子「群像」99年12月号 裸足の拝観者「すばる」99年1月号 ころびねこ「すばる」00年1月号 砂漠の歓楽街「すばる」98年1月号 チャンティエン橋の手前で「群像」97年2月号 ちゅうりっひ「一冊の本」97年7月号 ...

多和田葉子の「飛魂」(講談社文芸文庫:2012年11月9日第1刷発行、2019年2月1日第3刷発行)を読みました。 この作品で時代がひとつ移り変わった。 本…

多和田葉子『裸足の拝観者』をめぐって--先端的な教材を読み解く観点. 日本文学, 59巻9号(頁56 - 59), 2010年09月, 谷口幸代, 原著, 単著, 査読あり, 速報,短報,研究ノート等(大学,研究機関紀要)

 · 【無料試し読みあり】飛魂(多和田葉子):講談社文芸文庫)虎使いとなるため、師とともに人里離れた森の中の寄宿舎で修行を続ける女性達の深遠なる精神の触れ合いを描いた作品。表題作ほか、「盗み読み」「胞子」「裸足の拝観者」「光とゼラチンのライプチッヒ」を収録。

Amazonで多和田 葉子の飛魂 (講談社文芸文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。多和田 葉子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また飛魂 (講談社文芸文庫)もアマゾン配送商品なら通常 …

この変な感覚は多和田さんの得意なところ。結末近くで状況が説明されるが、これは 幻想から狂気に至る世界である。あんまりこの方向にのめりこんでいかないで。 「裸足の拝観者」 こういう新境地を読ませてもらうと嬉しい。しかも楽しい。

多和田葉子. 講談社, 2012 - ... そしてわたし梨水も入門の承諾を得る手紙を送り...。表題作に「盗み読み」「胞子」「裸足の拝観者」「光とゼラチンのライプチッヒ」の短篇を加えた作品集。 ...

多和田葉子『裸足の拝観者』をめぐって : 先端的な教材を読み解く観点(読む) 谷口 幸代. 日本文学 59(9), 56-59, 2010 ...

多和田葉子 裸足の拝観者 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 裸足の拝観者

Read more about 多和田葉子 裸足の拝観者.

7
8
9
10
11
12

Comments:
Guest
The most difficult part of getting to the top of the ladder is getting through the crowd at the bottom.
Guest

All the world's a stage, but most of us are stagehands.

Guest
Make tomorrow another day and not today's sequel.
Calendar
MoTuWeThFrStSu