多和田葉子 短編

多和田葉子 短編

多和田葉子 短編



多和田葉子がドイツの修道院に滞在したときの経験をもとに書かれた小説『尼僧のキューピッドの弓』本作は紫式部文学賞を受賞した意欲作です。 主人公である日本人の「わたし」は1000年の歴史を持つドイツの尼僧修道院を訪れます。

 · 著者「多和田葉子」のおすすめランキングです。多和田葉子のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:多和田葉子(たわだ ようこ)1960年、東京都生まれの小説…

多和田 葉子 (たわだ ようこ) 誕生 1960年 3月23日(60歳)日本 東京都 中野区: 職業: 小説家 詩人: 言語: 日本語・ドイツ語: 国籍: 日本: 教育: 博士(文学): 最終学歴: チューリヒ大学 大学院博士課程修了: 活 …

多和田葉子という未知の作家の新作『海に落とした名前』を読んで、すっかり感心してしまった。どんな分野であれ、ぼくは作品には興味があっても、作者にはほとんど関心がない。

多和田 葉子 たわだ・ようこ(1960年3月23日 - )小説家、詩人。東京都中野区生まれ。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。西ドイツ・ハンブルク大学大学院修士課程修了。チューリッヒ大学大学院博士課程修了。1982年からドイツ在住。19

 · 日本語とドイツ語で執筆活動を続けるドイツ在住の作家、多和田葉子が世界的に注目を集めている。2016年にドイツの文学賞・クライスト賞、18年 ...

多和田葉子 短編 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 短編

Read more about 多和田葉子 短編.

6
7
8
9

Comments:
Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Guest

If everything went like clockwork, the ticking would drive us nuts.

Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu