多和田葉子 東浩紀

多和田葉子 東浩紀

多和田葉子 東浩紀



多和田葉子「カール・マルクス通り」 ... 本号掲載の中沢新一と東浩紀の初対談「原発事故のあと、哲学は可能か」は、哲学と原子力の関係に始まり、日本の哲学の過去と未来、そして、有限の脳に規定された人間が無限の世界を思考することの限界と可能 ...

 · ベルリンを拠点に世界中を旅してきた作家・詩人の多和田葉子氏は、コロナ禍で朗読会などがキャンセルになり、自宅で机 ...

多和田葉子×伊藤比呂美×リヴィア・モネ 世界文学としての石牟礼道子 鼎談 綿矢りさ×朝吹真理子×村田沙耶香 深夜二時から始まる話 対談 李琴峰×王谷晶 同性愛を書くのに理由なんていらない 追悼・古井由吉 柄谷行人 古井由吉の永遠性

多和田葉子 2006年、フランス・パリにて。多和田の著作はドイツ語でも20冊以上出版されており、アジアからヨーロッパまで幅広い地域の言語に翻訳されている。 ... 東浩紀 『動物化するポストモダン/ゲーム的リアリズムの誕生』 ...

東浩紀『ゆるく考える』(河出書房新社) 2019年に刊行したエッセイ集。 最後におさめられた「ゲンロンと祖父」において、中小会社を経営していた祖父の姿をみていたことが、苦節をともなうゲンロン経営に勤しむ大きな理由であるということを、幼少期 ...

【選考委員】東浩紀・大澤真幸・山城むつみ(五十音順・敬称略) 当選作 なし 第63 回群像新人文学賞優秀作「四月の岸辺」ならびに選評は、「群像」7 月号(6 月5 日発売)に掲載いたします。 講談社 広 …

選評 柴崎友香、高橋源一郎、多和田葉子、野崎歓、松浦理英子 〈批評総特集〉 「論」の遠近法 考えることを守る 東浩紀 井筒俊彦――ディオニュソス的人間の肖像 安藤礼二 ふたたび世界へと戻ってくるために――崔実『pray human』論 江南亜美子

多和田葉子著. -- 新装版: 東京 : 青土社, 2007.4: ★早稲田大学2018<国際教養>入試問題出典「カタコトのうわごと」多和田葉子: 914.6 タワ 発注中: 049: 貨幣とは何だろうか: 今村仁司著: 東京 : 筑摩書 …

平成時代に刊行された本の中からベスト30を選出しようと、朝日新聞では、識者の方々にアンケートを実施しました。120人から回答を得て、1位は村上春樹さんの『1Q84』に決まりました。1~3位作品への識者のコメントとともに、30冊のラン...

阿部:東浩紀のキャラクター小説論については、僕もいろいろと言いたいことがないわけではありませんが、それはそうと、『挟み撃ち』における『外套』の主人公の登場の仕方とか、後藤さんが考えられていたインターテクスチュアリティの問題などを ...

多和田葉子 東浩紀 ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 東浩紀

Read more about 多和田葉子 東浩紀.

3
4
5
6

Comments:
Guest
Forgiveness is like sunshine after a rainy day.
Guest

No person ever advanced by traveling in reverse.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu