多和田葉子 アンスティチュ

多和田葉子 アンスティチュ

多和田葉子 アンスティチュ



本学名誉教授の満谷マーガレット先生が英訳を手掛けた、多和田葉子『献灯使』(英題:The Emissary by Yoko Tawada, translated from the Japanese by Margaret Mitsutani, New Directions Publishing)が、米国最高権威の文学賞であるThe 69th National Book Awardsを受賞しました。 2018.11.22

多和田葉子(作家) 堀江敏幸(作家、早稲田大学) 司会 アンヌ・バヤール=坂井(フランス国立東洋言語文化大学) 4 月 14 日(土) 10 : 00 古典の翻訳 「西鶴の文体を翻訳する」 ダニエル・ストリューヴ(パリ・ディドロ大学)

翻訳家たちの挑戦ー日仏交流から世界文学へ: 刊行年 : 2019 著者 : 澤田直・坂井セシル(編) 【執筆者/訳者】ベルナール・バヌン、多和田葉子、堀江敏幸、宮下志朗、ダニエル・ストリューヴ、エマニュエル・ロズラン、アンヌ・バヤール゠坂井、吉川一義、マチュー・カペル、ジャック ...

多和田葉子 吉川一義 要事前申し 込み inscription en ligne www.mfj.gr.jp 2018.4.13(金)16 : 00 - 19 : 00 ~4.14(土) 10 : 00 - 19 : 00 世界文学の可能性 Colloque international / Maison franco-japonaise / 国際 シンポジウム / 日仏 会館

多和田葉子ワークショップ『献灯使』を読む 主 催: 立命館大学国際言語文化研究所ジェンダー研究会: 日 時: 2015年11月5日(木) 17:00-19:00 場 所: 立命館大学衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム ※キャンパスマップ24番の建物です。

在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本は2018年より、日本におけるフランス語書籍の翻訳・出版に新たな弾みをつけるため、日仏会館フランス事務所、フランス著作権事務所(bcf)と連携して、日仏翻訳に関する講演会、ワークショップ、対談など一連のイベントを開催しています。

2 月末の朗読会に備えて、多和田葉子さんの本を読もうと思って、友人と一緒に日独センターとベルリン自由大学に行くが、多和田葉子さんの本は貸し出し中だったり、図書カードを作るのに住民票が必要だと断られたりして、結局手に入れることができ ...

小野正嗣が多和田葉子をいかに評価しているかを、紹介します。 ... その問いに答えてくれたのが、11月上旬にアンスティチュ・フランセ東京で対談する機会を得た、アルジェリアの作家カメル・ダーウドだ …

多和田葉子の小説『飛魂』からイメージを膨らませ、即興を交えたパフォーマンスを繰り広げます。一夜限りの特別上演です。 出演:高瀬アキ(ピアノ) 岡登志子(ダンス) 照明デザイン:岩村原太 9月13日(土)18:00 料金:無料: Aki TAKASE & Toshiko OKA

多和田葉子(作家)、堀江俊幸(作家、早稲田大学) ... 【協力】在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、アンスティチュ・フランセ・パリ、立教大学、フランス大学学院、ソルボンヌ大学Reigenn、東アジア文化研究所CRCAO 2018年04月14日(土) 10:00 ...

多和田葉子 アンスティチュ ⭐ LINK ✅ 多和田葉子 アンスティチュ

Read more about 多和田葉子 アンスティチュ.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Raising kids is like building buildings- -you've got to spend time with them.
Guest

It's easy to tell when you've got a bargain...it doesn't fit.

Guest
The right to do something does not mean that doing it is right.
Calendar
MoTuWeThFrStSu