地獄変 芥川 龍之介 あらすじ

地獄変 芥川 龍之介 あらすじ

地獄変 芥川 龍之介 あらすじ



 · 芥川龍之介の地獄変のあらすじをご紹介します。平安時代、良秀という名の絵仏師がいました。彼の絵は天下一だと都でもその腕前は評判でしたが、醜い容貌と高慢な性格で、周囲からは怪しい噂が絶えません。そんな良秀には、可愛らしくて優しい性格の娘がいます。

『地獄変』のあらすじ、解説、感想など。 投稿日:2016年8月12日 更新日: 2019年11月23日. 芥川龍之介の『地獄変』という小説をご紹介します。もともと『宇治拾遺集』という本の中の『絵仏師良秀』という一節があり、それを芥川龍之介が膨らませて書いた ...

このページでは『地獄変/芥川龍之介【あらすじ・簡単な要約・読書感想文・解説】』を、”短く・わかりやすく” まとめています。【絵を描くことに心を奪われた絵師】と、それを【あざ笑う大殿様】の、奇妙で恐ろしいストーリーをどうぞお楽しみください!

【ホンシェルジュ】 優れた短編を遺したことで知られる芥川龍之介。そんな彼の代表作ともいえる本作をご存知でしょうか。宇治拾遺物語に題をとった作品で、暗い内容と難解なテーマで知られています。有名ですが、意外と読んだことがないという方も多いのではないでしょうか。

『地獄変』(じごくへん)は、芥川龍之介の短編小説。説話集『宇治拾遺物語』の「絵仏師良秀」を基に、芥川が独自に創作したものである。初出は1918年(大正7年)5月1日から22日まで『大阪毎日新聞』『東京日日新聞』に連載され、1919年(大正8年)1月15日に新潮社刊行の作品集『傀儡師』に収録された。主人公である良秀の「芸術の完成のためにはいかなる犠牲も厭わない」姿勢が、芥川自身の芸術至上主義と絡めて論じられることが多く、発表当時から高い評価を得た。なお、『宇治拾遺物語』 …

 · 著者:芥川龍之介 1919年1月に新潮社から出版地獄変の主要登場人物良秀(よしひで) 本作の主人公。高名な絵師。欲張りで高慢な性格で、周囲に嫌われている。自分の納得する絵を描くためならば手段を選ばない。娘を溺愛している。娘(むすめ) 良秀の

地獄変 芥川 龍之介 あらすじ ⭐ LINK ✅ 地獄変 芥川 龍之介 あらすじ

Read more about 地獄変 芥川 龍之介 あらすじ.

7
8
9

Comments:
Guest
One today is worth two tomorrows.
Guest

One-third of the people in this country promote, while the other two-thirds provide.

Guest
The prevailing attitude these days seems to be if you don't finish first, you're last.
Calendar
MoTuWeThFrStSu