土佐日記 紀貫之 最初の仮名文字

土佐日記 紀貫之 最初の仮名文字

土佐日記 紀貫之 最初の仮名文字



『土佐日記』(とさにっき)は、平安時代に成立した日記文学のひとつ。紀貫之が土佐国から京に帰る最中に起きた出来事をジョークを交えて綴ったもので、成立は承平5年(934年)頃といわれる。古くは『土左日記』と表記されていた 。

 · この『土佐日記』は仮名文字で書かれており、紀貫之が女性のふりをして書いたものだと言われている。 歌人として名誉を手にした紀貫之だが、官吏としてはさほど出世のできないまま、晩年を過ごすことになった。

わが国最初の仮名日記として著名な『土左日記』の写本である本書は、藤原為家(一一九八-一二七五年)が嘉禎二年(一二三六)に、紀貫之(八六八-九四六年)の自筆原本を、仮名の字体や文章の表記等を含めて忠実に書写したものである。

ひらがなは、当時「女手(おんなで)」と呼ばれ、女性が使うものとされていました。ですから、紀貫之がひらがなで書いた「土佐日記」は、作者が女性であるという設定でした。一方、漢字の一部分を取り出して作られたのが、カタカナです。

土佐日記 紀貫之 最初の仮名文字 ⭐ LINK ✅ 土佐日記 紀貫之 最初の仮名文字

Read more about 土佐日記 紀貫之 最初の仮名文字.

7
8
9
10

Comments:
Guest
The virtues of being punctual are largely offset by having to wait for people who aren't.
Guest

Nature is the art of God.

Guest
Wisdom is knowing what to do next; virtue is doing it.
Calendar
MoTuWeThFrStSu