古井 由吉 野川

古井 由吉 野川

古井 由吉 野川



古井 由吉『野川』の感想・レビュー一覧です。電子書籍版の無料試し読みあり。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。

Amazonで古井 由吉の野川 (講談社文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。古井 由吉作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また野川 (講談社文庫)もアマゾン配送商品なら通常 …

製品名: 野川: 著者名: 著:古井 由吉 発売日: 2020年06月12日: 価格: 定価 : 本体1,800円(税別) isbn: 978-4-06-520209-8: 判型: a6: ページ数: 384ページ

古井 由吉 | 2020年06月12日頃発売 | 大空襲から戦後の涯へ、時空を貫く生涯の道。現代文学の最高峰、古井文学の原景をたどる名篇。急逝した友人が抱え続けた空襲の夜の母子の秘密。狂気をはらむ年上の女との情事に囚われた学生時代の友人。そして防空壕の底で爆音に怯えた幼時の自 …

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日 - 2020年2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている 。代表作は『杳子』、『聖』『栖』『親』の三部作、『槿』、『仮往生伝試文』、『白髪の唄』など。精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている 。

古井由吉がいなかったら、「日本語で書かれる小説」の世界は、もっとずっと寂しく、痩せたものに感じられただろう。 ... その他の作品に『山躁賦』『野川』『辻』『白暗淵』『やすらい花』『蜩の声』などがある。

野川 講談社文芸文庫 - 古井由吉のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!

 · 著者「古井由吉」のおすすめランキングです。古井由吉のおすすめランキング、人気・レビュー数ランキング、新刊情報、Kindleストア等の電子書籍の対応状況をチェック! プロフィール:1937-2020。日本文学の最高峰と評される。『楽天記』『仮…

古井由吉は、なるほど、たしかに一筋には読み解くことのできない「生」という旅を描く、旅心の人でもあった。 ... 『山躁賦』『眉雨』『楽天記』『野川』『辻』『白暗淵』『ゆらぐ玉の緒』『この道』ほか数多の著作を遺して、2020年2月永眠。 ...

古井 由吉 野川 ⭐ LINK ✅ 古井 由吉 野川

Read more about 古井 由吉 野川.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Do not neglect to show hospitality to strangers, for thereby some have entertained angels unawares.
Guest

Out of the mouths of babes come things parents never should have said.

Guest
Fear of becoming a has-been keeps some people from becoming anything.
Calendar
MoTuWeThFrStSu