凡河内躬恒 紀貫之

凡河内躬恒 紀貫之

凡河内躬恒 紀貫之



凡河内 躬恒(おおしこうち の みつね、貞観元年(859年)? - 延長3年(925年)?)は、平安時代前期の歌人・官人。 姓は宿禰 。 一説では淡路権掾・凡河内諶利の子。 官位は六位 ・和泉大掾。 三十六歌仙の …

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 凡河内躬恒の用語解説 - 平安時代中期の歌人。三十六歌仙の一人で,『古今和歌集』の撰者。五位淡路権掾 (ごんのじょう) 。紀貫之と親しく,藤原兼輔 (かねすけ) 邸に出入りして,その庇護を受けた。『寛平御時后宮歌合』『藤原定国四十賀屏風歌 ...

 · 古今和歌集において左の筆頭が紀貫之ならば、右の筆頭はやはりこの人、凡河内躬恒です。 貫之と共に古今集の選者であり、入撰数は貫之(99首)に次ぐ二番目(60首)、 さらに貫之と共に三十六歌仙にも撰ばれ、百人一首にも歌が採られた超有名歌人! の、はずなんですが…

小倉百人一首の歌人の短歌・和歌集では、小倉百人一首の登場人物である凡河内躬恒の歌「心あてに折らばや折らむ初霜の 置きまどはせる白菊の花」の意味を、現代語訳として解説・紹介しています。

[870ころ~945ころ]平安前期の歌人。三十六歌仙の一人。大内記・土佐守(とさのかみ)などを歴任。 紀友則(きのとものり)・凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)・壬生忠岑(みぶのただみね)と古今集の撰にあたり、仮名序を書いた。 著「土佐日記」、家集「貫之集」など。

概略. 幼名を「内教坊の阿古久曽(あこくそ)」と称したという 。 貫之の母が内教坊出身の女子だったので、貫之もこのように称したのではないかといわれる。. 延喜5年(905年)醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集である『古今和歌集』を紀友則・壬生忠岑・凡河内躬恒と共に撰上。

 · 延喜5年(905)年、紀貫之は、当時の帝である 醍醐天皇 の命で、勅撰和歌集(天皇の勅命によって編纂された歌集)の作成を命じられる。 この時、紀貫之と共に撰者に任命されたのが、歌人の 壬生忠岑 (みぶのただみね)と 凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね)である。 3人は勅命に従い、『 古今和歌 ...

概略. 幼名を「内教坊の阿古久曽(あこくそ)」と称したという 。 貫之の母が内教坊出身の女子だったので、貫之もこのように称したのではないかといわれる。. 延喜5年(905年)醍醐天皇の命により初の勅撰和歌集である『古今和歌集』を紀友則・壬生忠岑・凡河内躬恒と共に撰上。

 · 土佐・国司館は、高知県南国市比江にある館跡で、紀貫之の邸宅でした。館主である、紀貫之(きのつらゆき)は、平安時代中期頃の貴族であり、紀望行の子として866年(872年とも?)に生まれたと …

凡河内躬恒、壬生忠岑、紀友則らと共に、「古今集」二十巻を編纂しましたが、その中の「仮名序」は、紀貫之の歌論としてよく知られています。 延長八年には土佐守となり、土佐から帰京のときに著したものが「土佐日記」です。

凡河内躬恒 紀貫之 ⭐ LINK ✅ 凡河内躬恒 紀貫之

Read more about 凡河内躬恒 紀貫之.

5
6
7
8

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.

Guest
When high school kids wear rags today, we call it self-expression--When I was young and dressed this way, we called it the Depression.
Calendar
MoTuWeThFrStSu