作家 村上 龍

作家 村上 龍

作家 村上 龍



村上 龍(むらかみ りゅう、1952年 2月19日 - )は、日本の小説家、映画監督、脚本家。血液型はO型。 長崎県佐世保市出身。武蔵野美術大学在学中の1976年、麻薬とセックスに溺れる自堕落な若者たちを描いた『限りなく透明に近いブルー』で群像新人文学賞、及び芥川龍之介賞を受賞。

ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。

ヒッピー文化の影響を強く受けた作家として、村上春樹と共に時代を代表する作家と目される。代表作に、『コインロッカー・ベイビーズ』『愛と幻想のファシズム』『五分後の世界』『希望の国のエクソダス』『半島を出よ』など。約18年間芥川賞選考委員を務めていたが第158回を以て退任した。

 · 芥川賞受賞作家・村上龍(むらかみ・りゅう)の略歴や、候補作に対する選評の一 …

Amazonで村上 龍の村上龍 群像日本の作家 (29)。アマゾンならポイント還元本が多数。村上 龍作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また村上龍 群像日本の作家 (29)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

「限りなく透明に近いブルー」「イン ザ・ミソスープ」「共生虫」等、村上 龍の代表作から最新作まで全48作品を、人気の高い順に一覧表示しています。レビューンでは、感想と評価をもとにおすすめの作品をご紹介しています。

圧倒的な力強さと鋭い文章が人気の村上龍。作家としてだけでなくtv番組の司会者としても活躍しています。彼はたくさんの小説やエッセイを執筆しているのでどれから読もうか迷ってしまいますよね。そこで今回は村上龍のおすすめ本ランキングをご紹介していきます。

 · 近年ではtv番組の司会者としても活躍中の人気作家、村上龍。こちらの記事では、村上龍が執筆した人気のおすすめ本をランキング形式でご紹介しています。村上龍の作品を読んでみたいけど、どれがおすすめなのかわからないとお悩みの方、ぜひチェックしてみてください。

作家 村上 龍 ⭐ LINK ✅ 作家 村上 龍

Read more about 作家 村上 龍.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Our deeds determine us, as much as we determine our deeds.
Guest

All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.

Guest
The buck doesn't stop these days--In fact, it doesn't ever slow down.
Calendar
MoTuWeThFrStSu