井上靖 育ち

井上靖 育ち

井上靖 育ち



井上靖(1907−1991)は、北海道生まれ静岡育ちの小説家です。歴史小説、現代小説、自伝的小説の3つを手がけ、死去した後である現在でも多くの読者に親しまれる作家でもあります。

Amazonで井上 靖の姨捨 (新潮文庫 い 7-16)。アマゾンならポイント還元本が多数。井上 靖作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また姨捨 (新潮文庫 い 7-16)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

Amazonで靖, 井上の夏草冬濤 (上) (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。靖, 井上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また夏草冬濤 (上) (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送 …

井上靖は私が最も敬愛している作家の一人です。初めて読んだのが思春期の頃。以来もう何度も反芻するように読み返しております。私の最大の思い出の作と「これこそが井上文学の妙だな」という推薦の書を紹介します。

井上靖「あすなろ物語」 井上靖の小説「あすなろ物語」を読んだ。先日読んだ「しろばんば」がなかなか面白かったので、やはり井上の自伝的小説として名高いこの作品も読んで見ようという気になったの …

Aug22Fri2014/930am 「しろばんば」(井上靖著)を新潮文庫で半分ちかく読んでいるが、井上靖という作家の多彩な能力に驚かされるけれども、此の小説を読んでいると幼い時に他人の家で育てられることが精神面のトラウマになるが、と同時に、此のトラウマが豊かな感受性の淵源ともなっている。

井上靖は北海道に生まれ、伊豆で育ちました。京都大学美学科を卒業後、毎日新聞社の記者の 傍 (かたわ) ら、昭和 22 年に小説『闘牛』、翌年『猟銃』を執筆し、『闘牛』で芥川賞を受賞。それを期に多忙な作家生活に入りました。

井上靖 (土屋隆信) 2013-06-20 17:21:38 井上靖は、私の敬愛する作家のひとりで、その文体や、詩には、大きな影響を受けました。 井上靖が、しごく読みやすい小説を書く作家で、お好きだったとの言葉に、成程という思いがしました。詩は読まれましたでしょう ...

「井上靖のものが、断然、他を大差に引放し、前回とはうって代って、委員会は、円満裡に、すぐ結論を出した。」「私と丹羽とが、「猟銃」を推し、他の委員は、みな「闘牛」を推した」「「猟銃」の場合、(彩子の遺書)は、蛇足のように思われる。

『井上靖小説全集 第28巻』 新潮社、1972年 『井上靖歴史小説集 第6巻』 岩波書店、1981年11月 『井上靖全集 第16巻』 新潮社、1996年8月 『おろしや国酔夢譚 新装版』 文藝春秋〈文春文庫〉、2014年10月、isbn 978-4-16-790208-7; 脚注

井上靖 育ち ⭐ LINK ✅ 井上靖 育ち

Read more about 井上靖 育ち.

2
3
4
5

Comments:
Guest
If you don't know where you are going, any road will get you there.
Guest

We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.

Guest
Tact is the ability to close your mouth before someone else wants to.
Calendar
MoTuWeThFrStSu