井上靖 漢字読めない

井上靖 漢字読めない

井上靖 漢字読めない



井上靖の歴史エッセイ集『歴史小説の周囲』と『歴史の光と影』を読んだ。この2冊は30数年前に買って読まずにいた本である。井上作品も司馬作品同様に読めない漢字や理解できない漢字が多々ある。これをノートに書き記す。ネット記事によると高田純次もコロナ禍の間、本を読み、わから ...

これは小説ではあるが、よくもこれだけ調べ尽くして書いたと思う。井上靖は偉大である。ただ、漢文調の文書が出てくるし、ふりがなが振ってあるが読みの難しい漢字も沢山出てくるので、その意味ですらすら読めない。

Amazonで靖, 井上の風濤 (新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。靖, 井上作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また風濤 (新潮文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 · 略歴(1907-1991)井上靖。作家、詩人。北海道旭川市生まれ。九州帝国大学法学部英文科中退。京都帝国大学文学部哲学科卒業。毎日新聞学芸部記者を経て作家になる。1936年「流転」で第1回千葉亀雄賞。1949年「闘牛」で第22回芥川賞。19

さして難しいことが書いてあるわけでもないが、小学生の自分には読む基礎能力が足りず、井上靖の文章を読み切ることができなかった。わからない漢字や表現が出てくるたびに前に進むことができず、30pか40pで挫折して放置していた。

「自分は何が書いてあるのか読めないが、西夏に入国する際の大事な通行書だ」と述べた。 行徳は女から貰った布切れを見ると、漢語ではない何か文字が書かれてあった。 どうやら西夏の文字らしい。行徳は布切れに書かれた文字に惹かれた。

 · 井上靖の小説の魅力はなんですか。太宰治、川端、三島のような文豪の本から、現代の若い作家の本までいろいろと読みますが、井上靖の小説に特に引き込まれます。 読みやすい文章?文章が整っていてきれい?ドラマチックな展開?登場...

昨日の新聞各紙に、西田龍雄氏の訃報が載った。西夏文字の解読者である。 昔、中学時代だったか高校時代だったかは憶えていないが、井上靖の『敦煌』を読んだ時、妙に印象に残った場面がある。主人公・趙行徳が、助けた女から礼として一枚の布きれをもらった。

『天平の甍 (新潮文庫)』(井上靖) のみんなのレビュー・感想ページです(129レビュー)。作品紹介・あらすじ:天平の昔、荒れ狂う大海を越えて唐に留学した若い僧たちがあった。故国の便りもなく、無事な生還も期しがたい彼ら-在唐二十年、放浪の果て、高僧鑒真を伴って普照はただひとり故国 ...

井上靖 漢字読めない ⭐ LINK ✅ 井上靖 漢字読めない

Read more about 井上靖 漢字読めない.

3
4
5

Comments:
Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Guest

An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.

Guest
You can't raise much of anything if you don't raise a little sweat.
Calendar
MoTuWeThFrStSu