井上靖 即身仏

井上靖 即身仏

井上靖 即身仏



1.井上靖と沼津中学時代を資料でたどる ... 持つ最も正当な意味においての対面』という表現など、考えさせられる作品である」、「即身仏の考え方は同年に発表された小説『補陀落渡海記』に通じるので興味深い」といった感想が話されました。 ...

井上靖の短篇「補陀落渡海記」 - 主人公の渡海前の金光坊が、当初の崇高な思想からやがて俗世に執着するようになり、渡海船から逃げ出すが周囲の人間に捕らえられて再び海に出されてしまう。

井上 靖(いのうえ やすし) 1907年5月6日 - 1991年1月29日 北海道旭川で生まれ、天城湯ヶ島、三島・沼津で18歳まで過ごす。その時代までのことは『しろばんば』をはじめとした「自伝的小説三部作」に …

作家の井上靖なども加わっていたこのグループは、主に湯殿山系修験道に関わる即身仏の調査(こちらはこちらで、機会があればまた紹介したい)を行っていたのだが、そこに石頭希遷の即身仏が転がり込 …

次へ >. < 前ヘ

井上靖(1961)「補陀落渡海記」の金光坊(1565) ... の「即身仏」のことを 思い出してしまいます。出羽三山には数多くの「即身仏」(大日坊、注連寺など)があることが 知られていますが、何故こんなにこの地 …

井上靖 即身仏 ⭐ LINK ✅ 井上靖 即身仏

Read more about 井上靖 即身仏.

4
5
6
7

Comments:
Guest
Talk is cheap, until you talk to a lawyer.
Guest

We do not inherit the Earth from our ancestors--we borrow it from our children.

Guest
Some people know lots more than they tell-- Some don't.
Calendar
MoTuWeThFrStSu