五輪 の 書 宮本 武蔵

五輪 の 書 宮本 武蔵

五輪 の 書 宮本 武蔵



『五輪書』(ごりんのしょ)は、宮本武蔵の著した兵法書。武蔵の代表的な著作であり、剣術の奥義をまとめたといわれる。 寛永20年(1643年)から死の直前の正保2年(1645年)にかけて、熊本県熊本市近郊の金峰山にある霊巌洞で執筆されたとされる。

自筆本である原本は焼失したと伝えられる。写本は細川家本を始め、楠家旧蔵本・九州大学本・丸岡家本・狩野文庫本、底本不明の『劍道祕要』収録などがある。自筆本が現存せず写本間での相違も多いことや、武蔵の時代よりも後の価値観に基づく記述が多いこと、さらに同時代の文献に武蔵が五輪書を書いたと傍証できるものがないことなどから、武蔵の死後に弟子が創作したという説もある。

Amazonで宮本 武蔵, 渡辺 一郎の五輪書 (岩波文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。宮本 武蔵, 渡辺 一郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また五輪書 (岩波文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

宮本武蔵の名著『五輪書』を、ぼくなりにゆる~く現代語訳しました。武蔵の思いを大切にしながら、やわらかく読みやすく、楽しんで読んで頂けるように書いたつもりです。五輪書の現代語訳『五輪書』の現代語訳は、以下のリンクからご覧ください。

宮本武蔵『五輪書』から読み解く戦いの心得 『五輪書』とは、「ごりんのしょ」と読み、かの剣豪、宮本武蔵が60歳から書き始め、62歳で亡くなる直前の1645年に完成したと言われる、武道哲学書です。

附記¶武蔵の『五輪書』は自筆本が現存しない。武蔵の没後二十余年をへて寛文7年(1667)に、寺尾孫之丞が門人の山本源介に宛てた巻子本があるばかりで、これはいまは細川家の永青文庫に所蔵されてい …

五輪 の 書 宮本 武蔵 ⭐ LINK ✅ 五輪 の 書 宮本 武蔵

Read more about 五輪 の 書 宮本 武蔵.

4
5
6
7

Comments:
Guest
All that you do, do with all your might--Things done by half are never quite right.
Guest

Age is a high price to pay for maturity.

Guest
An obstacle may be either a stepping stone or a stumbling block.
Calendar
MoTuWeThFrStSu