三島 由紀夫 書評

三島 由紀夫 書評

三島 由紀夫 書評



評・苅部 直 政治学者・東京大教授 三島由紀夫の没後五十年のこの年に、いち早く刊行された評伝。その語り口が独特である。著者、熊野純彦は ...

 · 【書評】『三島由紀夫事件 50年目の証言 警察と自衛隊は何を知っていたか』 - 産経ニュース このページのメインコンテンツへジャンプ 速報 ...

【書評】作家・西法太郎が読む『夜告げ鳥』三島由紀夫著 十代の情動、赤裸々に表出 2020.3.29 10:30 ライフ 本 文字サイズ 印刷

著者 西 法太郎(文筆家) 新潮社 1800円 計画知りながら静観した警察の謎に迫る丹念な検証の書 ノーベル文学賞候補であった三島由紀夫は、市ヶ谷の自衛隊駐屯地で憲法改正のための決起を呼び掛け、割腹自殺した。今年11月25日で、それからちょうど50年となる。

なかでも三島由紀夫の名作『金閣寺』を携えての道行きであることは、主人公溝口の科白(せりふ)から採られた書名からも知られよう。「リアリティーへの回路が半ば閉鎖」された言語を駆使した「離隔」の作家を探る第一級の三島論にもなっている。

 · 三島由紀夫の没後50周年ということで、今回は最高傑作として名前が挙げられることも多い長編小説『金閣寺』を紹介します。 金閣寺 (新潮文庫) www.amazon.co.jp 737円 (2020年12月02日 22:39時点 詳しくはこちら) Amazon.co.jpで購入する 『金閣寺』は僕も高校生のとき読んで以来、何回も読み返していて ...

「在りし、在らまほしかりし三島由紀夫」書評 魂の交わりと作品への冷徹な目 評者: 蜂飼耳 / 朝⽇新聞掲載:2017年01月29日 在りし、在らまほしかりし三島由紀夫 著者:高橋睦郎 出版社:平凡社 ジャン …

今年も巡ってきた、ノーベル賞の季節。10月8日には文学賞が発表されますが、川端康成が日本人として初めて同賞を受賞した年、三島由紀夫も有力候補として名が挙がっていたことをご存知でしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ…

昭和から平成、令和へと時代の推移を40年にわたって眺めてきた批評家が、三島由紀夫と江藤淳という2人の文学者を軸に各時代を超えた巨視的な ...

書評:青の時代 [三島由紀夫] 青の時代 [三島由紀夫] 昭和24年に起こった[光クラブ事件]という実話を元にした作品です。ちなみに同じ事件を題材にして高木彬光も[白昼の死角]という作品を書いています。 ...

三島 由紀夫 書評 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 書評

Read more about 三島 由紀夫 書評.

8
9
10
11
12

Comments:
Guest
A lot of us would like to move mountains, but few of us are willing to practice on small hills.
Guest

Most of us know how to say nothing, but few of us know when.

Guest
Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.
Calendar
MoTuWeThFrStSu