三島 由紀夫 切符

三島 由紀夫 切符

三島 由紀夫 切符



三島由紀夫「切符」における〈異界〉性と〈見る〉こと 道合 裕基 社会システム研究 (19), 37-45, 2016-03

三島由紀夫(1925~1970)が、『中央公論』1963 年8 月号に発表した「切符」という短編小説 がある。この作品は、現在、新潮社から刊行された『決定版 三島由紀夫全集』第 20 巻に収録 さ …

[論説] 三島由紀夫「切符」における〈異界〉性と〈見る〉こと: その他のタイトル: [ARTICLES] "The Other World" and "Seeing" in Mishima Yukio's "Kippu" 著者: 道合, 裕基 : 著者名の別形: DOAI, Hironori: 発行日: 28-Mar-2016: 出版者:

三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威〈ひらおか きみたけ〉、1925年〈大正14年〉1月14日 - 1970年〈昭和45年〉11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者である。 血液型はA型 、身長は163cm 。 戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に ...

【はじめに】 1,この作品は1963年8月の「中央公論」に発表された。冒頭に語られている1960年代の衰退しはじめた商店街のようすは、日本中の都市のあちこちで見られた光景である。 2,怪談の中核をなしている夏のお化け大会の描写は、八幡の藪知らずや鏡を使った光学装置や女の死体など ...

『月澹荘綺譚』(げったんそうきたん)は、三島由紀夫の短編小説。三島がいくつか書いた怪談系統の作品の中の一つとしてみなされることもある 。 伊豆半島の岬にかつてあった月澹荘という別荘をめぐる40年前の奇怪な物語。夏の岬の自然を背景に、「見つめる目と愛の不能」、「意 …

『蘭陵王』(らんりょうおう)は、三島由紀夫の最後の短編小説。三島が1969年(昭和44年)8月20日に陸上自衛隊富士学校で行なった楯の会の戦闘訓練(第4次体験入隊 7月26日 - 8月23日)の際の一挿話を描いた作品で、三島としては珍しい私小説的な心境小説である 。

 · 三島由紀夫による三島由紀夫神話『私の遍歴時代』 若者の偶像であった三島は、熱烈なファンが存在し、様々な武勇伝がまことしやかに受け継がれていました。その中で、彼が38歳の時に発表した自伝は大きな反響を呼びます。

『英霊の聲』(えいれいのこえ)は、三島由紀夫の短編小説。二・二六事件で銃殺刑に処せられた青年将校と、神風たらんと死んだ特攻隊員の霊が、天皇の人間宣言に憤り、呪詛する様を描いた作品である。 〈などてすめろぎは人間(ひと)となりたまひし〉という哀切なリフレインが、 …

『剣』(けん)は、三島由紀夫の短編小説。全7章から成る。大学の剣道部での人間模様を描いた小説である。 清らかな微笑をたたえ、「剣」の道に全霊を傾け、極みを追い求める若い主将が、一部の部員の些細な裏切りによって諌死するまでが描かれ 、その結末にもかかわらず、「一種 …

三島 由紀夫 切符 ⭐ LINK ✅ 三島 由紀夫 切符

Read more about 三島 由紀夫 切符.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Work as though everything depended on you, and pray as though everything depended on God.
Guest

Forgiveness is like sunshine after a rainy day.

Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Calendar
MoTuWeThFrStSu