フラニー と ゾーイー 村上 春樹

フラニー と ゾーイー 村上 春樹

フラニー と ゾーイー 村上 春樹



本書の訳題はこれまで『フラニーとゾーイー』が一般的だった。 Zooeyという名前の発音をいろんなアメリカ人に尋ねてみたのだが、「ズーイ」と発音する人もいれば、「ゾーイ」と発音する人もいて、翻訳者としてはどちらとも決めかねるところだ ...

『フラニーとズーイ』 J.D.サリンジャー 村上春樹・訳. アメリカ東部の名門大学に通うグラス家の美しい末娘フラニーと俳優で五歳年上の兄ズーイ。物語は登場人物たちの都会的な会話に溢れ、深い隠喩に …

フラニーとズーイ(Franny and Zooey)新潮文庫 (pp292)、2014(改訳) フラニー:p11-70 村上春樹 訳 2.Salinger, J.D. フラニーとゾーイー(Franny and Zooey)新潮文庫 (pp218)、1968 フラニー…

『フラニーとゾーイー 』(英: Franny and Zooey)は、J・D・サリンジャーが1955年1月29日に『ザ・ニューヨーカー』に発表した『フラニー』(Franny)と、1957年5月4日に同誌に発表した『ゾーイー』(Zooey)の連作二編の小説を1つにまとめたもので、『ライ麦畑でつかまえて』に並ぶ、代表作のひとつ。1961年9月14日刊行。

『フラニーとゾーイー』(1968年新潮社から発刊) 1976年に新潮文庫として文庫化。 角川文庫、講談社文庫などから複数の訳で発刊された。 現在は新訳『フラニーとズーイ』(村上春樹訳)が新潮文庫か …

「フラニーとゾーイー」は、「ライ麦畑でつかまえて」(The Catcher in the Rye)、「ナイン・ストーリーズ」(Nine Stories)に並ぶサリンジャーの代表作であり、2014年に村上春樹による新訳、『フラニーとズーイー』が新潮文庫から出版されたことも話題となった。

文学を通してヨガを考えるシリーズ、今回はJ.dサリンジャーの『フラニーとゾーイー』を取り上げます。サリンジャーといえば、村上春樹訳の『キャッチャー・イン・ザ・ライ』が有名ですよね。ヨギーにとってはむしろ『フラニーとゾーイー』の方が興味深く読める?

「フラニーとゾーイ」 「フラニーとズーイ」 p420-421 「たとえば車を運転していて・・・(中略)・・・そして木樽のことをつい思い出してしまう。」 全文にわたって大幅に加筆修正がなされた。 p421 「イエスタデイ」の歌詞、5行: 5行のうち2行分が削除さ ...

新訳では登場人物の名前とタイトルが「ゾーイー」から「ズーイ」に変わっています。そうした事情やこの作品についての村上春樹の解釈が新潮社のサイトにアップされているので、興味のある方はどうぞ。 →『フラニーとズーイ』特設サイト(外部サイト)

フラニー と ゾーイー 村上 春樹 ⭐ LINK ✅ フラニー と ゾーイー 村上 春樹

Read more about フラニー と ゾーイー 村上 春樹.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Peace of mind is not the absence of conflict from life, but the ability to cope with it.
Guest

The easiest way to find something you've lost is to buy a replacement.

Guest
Gentleness and kind persuasion win where force and bluster fail.
Calendar
MoTuWeThFrStSu