ダスゲマイネ 太宰 治

ダスゲマイネ 太宰 治

ダスゲマイネ 太宰 治



ダス・ゲマイネ 太宰治 ... が明後日、馬場と僕と、それから馬場が音楽学校の或る先輩に紹介されて 識 ( し ) った太宰治とかいうわかい作家と、三人であなたの下宿をたずねることになっているのですよ。そこで雑誌の最後的プランをきめてしまうのだ ...

『ダス・ゲマイネ』(ドイツ語: Das Gemeine)は、日本の小説家である太宰治の短編小説。

 · 太宰治のダスゲマイネもそんな中毒性の高い作品の1つだ。 タイトルはドイツ語の das Gemeine (通俗性・卑俗性)と津軽弁の 「んだすけまいね」 (だからダメなんだ)のダブルミーニングだと言われている。

また、津軽弁(太宰は青森県出身)のダスケ=だから、マイネ=だめだ、というのと掛け合わせた言葉です。 今回は、太宰治『ダス・ゲマイネ』のあらすじと内容解説、感想をご紹介します!

底本:「太宰治全集2」筑摩書房 1998(平成10)年5月25日初版第1刷発行 底本の親本:「虚構の彷徨 ダス・ゲマイネ」新選純文学叢書、新潮社 1937(昭和12)年6月1日 初出:「文藝春秋 第十三巻第十号」 1935(昭和10)年10月1日発行 入力:土屋隆

ダスゲマイネ 太宰 治 ⭐ LINK ✅ ダスゲマイネ 太宰 治

Read more about ダスゲマイネ 太宰 治.

6
7
8

Comments:
Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Guest

Make tomorrow another day and not today's sequel.

Guest
Worry pulls tomorrow's cloud over today's bright sunshine.
Calendar
MoTuWeThFrStSu