わが夫子が 紀貫之

わが夫子が 紀貫之

わが夫子が 紀貫之



“わが夫子が衣はる雨ふるごとに 野辺の緑ぞ色まさりける”(紀貫之) ―わが夫の衣を張る、そのはるという春雨が降るごとに、野辺の草木の緑は、際立って色が増してくることだ―

わが夫子が衣はる雨降るごとに 野辺の緑ぞ色まさりける (古今和歌集 紀 貫之) 歌意:わが夫の衣を張る、そのはるという春雨が降るごとに 野辺の草木の緑はきわだって色が増してくることだ。

春の野に若菜つまんと来しものを散りかふ花に道はまどひぬ(*紀貫之[古今]) 春の野にすみれつみにとこし人も見しは少なくなりにけるかな(藤原秀能) 郭公一声ゆゑに武蔵野の野をなつかしみ過ぎもやられず(洞院実雄[続千載])

穀雨こくう難波潟*なにはがた浦吹く風に波立てばつのぐむ葦の見えみ見えずみよみ人しらず 後拾遺和歌集二十四節気のひとつ陰暦三月の中*ちゅう で太陽の黄経が30…

紀貫之に関わる不自然な事柄 日本語のナゾに関するヒント. 阿倍仲麻呂の歌へのこだわり. 万葉集に残る憶良の類聚歌林 更新の最後の手段ツイッター. 俵万智著『短歌をよむ』の刺激. 竹本健治著『涙香迷宮』の欠点 地図から分る奇妙な位置関係

謡曲『蟻通(ありどおし)』では紀貫之が、「我、和歌の道に交はるとは申せども、いまだ玉津島の明神へ参らず候ほどに」と玉津島社を目指します。 さらに『源氏物語』や『宇津保物語』『平家物語』『源平盛衰記』『明徳記』などにも登場しています。

萩(はぎ)を詠んだ歌. 万葉集には非常に多く、142首に登場します。かなりの歌が、8巻と10巻に集中しています。 有名な秋の七草の歌でも、萩がトップに詠まれていますね。. ちなみに、原文では多く「芽子(はぎ)」と記されています。

蜘蛛の動き回る様子から、「わが背子の来べき宵」である事がわかる。 この歌の詠まれた事情は、『日本書紀』(巻十三允恭紀)に記されている。その記載に拠れば、詞書にある衣通姫は、允恭天皇の后忍坂大中姫の妹弟姫であり、姉の勧めで天皇に参じた。

わが夫子が来べき夕なり ささがねの蜘蛛の行ひ是夕著しも 衣通郎姫 【出典:日本書紀】 04 女の恋 (27) あかねさす紫野行き標野行き 野守は見ずや君が袖振る 額田王 【出典:万葉集】 04 女の恋 (28)

わが夫子が 紀貫之 ⭐ LINK ✅ わが夫子が 紀貫之

Read more about わが夫子が 紀貫之.

4
5
6
7
8
9

Comments:
Guest
People with patience put up with people they'd rather put down.
Guest

There are many ways of going forward, but there is only one way of standing still.

Guest
A good rule to follow is to do unto others as though you were the others
Calendar
MoTuWeThFrStSu