ほしいともおもわぬ雨だれの音を聞き 紫式部

ほしいともおもわぬ雨だれの音を聞き 紫式部

ほしいともおもわぬ雨だれの音を聞き 紫式部



『藤三位集』 殿上の賭弓(のりゆみ)侍りし年、人に (宮中の賭弓があった年、ある人に) ※「賭弓」―平安時代の宮中の年中行事の一つ。陰暦一月十八日に弓場殿で、左右の近衛府・兵衛府の舎人たちが、天皇の前で弓の技を競い合う。

彼も世間の老人なみに早くから眼が覚める方なので、夜明け方の 鶏 ( とり ) の鳴く音を聞きながら、まだすや/\と眠っている妻の顔を、ちょうど今朝ぐらいのうすら明りの中で打ち眺めるのが常なのであるが、今朝はその顔のあるべきところに、 主 ...

【虫の音しげき野辺と】-「君が植ゑし一むら薄虫の音しげき野辺ともなりにけるかな」(古今集哀傷、八五三、御春有助)。「柏木」巻に「一村薄も頼もしげに広ごりて虫の音添へむ秋思ひやらるる」(第五章五段)とあった。
⏎ 114 : d1: 161

⏎ note37: 162

投稿者:紫式部 投稿日時:2005/11/06 11:34 ---165.84.99. 現在80万程度のバイオリンを使っています。今使ってる弓が重く買い替えようと思っています。楽器店では40万のアルシェ弓かフランスのgouicの弓を薦められます。

初めて妊娠したものです。女の子を授かりました。源氏物語の大ファンで、それにちなんだ名前を付けたいと思っています。紫(ゆかり) 薫 ...

【横笛の調べはことに変はらぬを--むなしくなりし音こそ尽きせね】-夕霧の返歌。「声」を「音」と変えて詠み返す。「こと」に「琴」を響かす。 [第五段 帰宅して、故人を想う] 【殿に帰りたまへれば】-夕霧の自邸三条殿。

そして、その音と音の間には壮大なロマンがあるのだ。 夜空いっぱい広がる満天の星たち、その一つ一つの輝きの中から、特に光り輝く10個の音が連なり、まるで心を持ったように、緩やかに下降してくる、やがてその光たちは地上で軽くバウンドし、余韻 ...

朝から、ソウルの難波さんが、番組制作会社の人を連れてやって来た。鍼灸院は休みにして、全面協力。話しをしている内に、ドンドン取材内容が変わっていくという柔軟なやり方だ。本来ぼくは、そういうやり方を嫌っている。でも難波さんの意気込みにいつも負けてしまう。

河内長野写真倶楽部の全1781記事中1ページ目(1-50件)の新着記事一覧ページです。

ほしいともおもわぬ雨だれの音を聞き 紫式部 ⭐ LINK ✅ ほしいともおもわぬ雨だれの音を聞き 紫式部

Read more about ほしいともおもわぬ雨だれの音を聞き 紫式部.

4
5
6
7
8

Comments:
Guest
Joy is not in what we own...it's in what we are.
Guest

If you really want the world to beat a path to your door, try taking a nap.

Guest
School is a building that has four walls--with tomorrow inside.
Calendar
MoTuWeThFrStSu