ほうとう 清少納言

ほうとう 清少納言

ほうとう 清少納言



「ほうとう」の語源は、「はくたく」の音便によるという説が有力です(はくたく→はうたう→ほうとう)。 そのほかにも、陣中食だった麺を武田信玄が「宝刀」で切断したからという説、江戸時代に麺類が禁止されたことによる「御法度」から、といった説もあるようです。

ほうとうの由来 中国の唐宋時代の餺飥(はくたく) 又は、不托(ほうち、ぷーとー)、不餅(ぷーとう)と言う言葉が語源と言われている。 日本には平安時代遣唐使により伝えられ、清少納言の枕草子に「前の立木高ふっ熟瓜(ほぞち)はうたう参らせむなど、とどむるを・・・」と読まれている。

清少納言の「枕草子」にも「熟瓜(ホゾチ)ほうとう参らせんなどとどむるを」とあることなどから見ますと、奈良平安時代の頃、高僧(遣唐使)などによって、大陸から我が国にもたらされたと考えられ …

また清少納言や藤原道長の日記にも登場している。 「当時は寺院などで貴族の儀礼食、つまり〈ハレ〉の食べものだったようです」と中山さん。 ほうとうに近い「はうたう」という発音は、12世紀の辞書『伊呂波字類抄 (いろはじるいしょう) 』(注2)に見 ...

代,京 都で清少納言が食べていた 「ほうとう」が,600 年後に始めて山梨に伝わるほど当時は閉鎖的でなく,想 像以上に人事の交流があり,武 田信玄以前にも積極的に 都との交流を計った武将が多い。した …

清少納言の枕草子にも「熟瓜(ほぞち)ほうとう参らせんなどとどむるを」とあり、形は違えど、ほうとうはこの時代から貴族を中心に食されていたようです。

ほうとう 清少納言 ⭐ LINK ✅ ほうとう 清少納言

Read more about ほうとう 清少納言.

6
7
8
9
10

Comments:
Guest
An optimist is a person who sticks on the stamp before addressing the envelope.
Guest

It's pretty hard to beat a neighbor who's as generous with his tomatoes as with his zucchini.

Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Calendar
MoTuWeThFrStSu