ひねもす 清少納言

ひねもす 清少納言

ひねもす 清少納言



清少納言がくらしていた「寝殿(しんでん)造(づく)り」という、当時の住まいは、なんと、かべがほとんどなかったのだそうです。だから、春の夜明けや冬の寒さを今よりもっと身近に感じる生活でし …

清少納言は,随筆『枕草子』で「うたは,風俗。(中略)神楽歌もおかし。 ... (ひねもす)に謡ひ暮し,夜は通夜(よもすがら)謡ひ明さぬ夜は無かりき」とあるように欠かさず鍛錬につとめ,また「余り責めしかば,喉腫れて,湯水通(かよ)ひしも術(ずち)無かり ...

【ため息の章】秋は夕暮れと言ったのは何処のどいつだ。なんて…清少納言だって事ぐらい覚えているわよ。私だって そこまで馬鹿じゃない!(笑)仕事が終わると大抵終電…

空を見ておお、と思った。紫だちたる雲の細くたなびきたる、ではないかと。たぶん、清少納言の描いている雲はこうじゃないだろうけど、そもそも、あけぼの、でもなく夕ぐれ、の雲だけど。天気予報の最高気温に踊らされて冬のコートを早々と置いてきたら体も指先も凍えるけど

空を見て おお、と思った。 紫だちたる雲の細くたなびきたる、 ではないかと。 たぶん、清少納言の描いている雲は

春は曙がいい、と清少納言は主張している。しかし、春の良さはほかにもいっぱいあるだろうに、と。 波がひねもすのたりのたり、寄せ返している海辺の春。うらうらに照れる春日に雲雀上がり、という春愁の春。春宵一刻値千金、という宵の春。

[出典]:にくきもの 枕草子 「かかることは、いふかひなき者の際にやと思へど、すこしよろしき者の、式部の大夫などいひしが、せしなり。 [訳]:このようなことは取るに足らない身分の者がするのであろうが、いくらかまあよい(身分の)者で、式部の大夫などと言うのが、やったのである。

"春の海 ひねもすのたり のたりかな"(与謝野蕪村) "雀の子 そこどけそこどけ お馬が通る" (小林一茶) などに見られる心地よいリズム感は、この五・七・五という短い語句が生み出す独特のものです。

[出典]:澪標・住吉参詣 源氏物語 「「内大臣殿の御願果たしに詣で給ふを、知らぬ人もありけり。」とて、はかなきほどの下衆だに、心地よげにうち笑ふ。 [訳]:「内大臣殿が願ほどきに参詣なさるのを、知らない人もいるものだなあ。」といって、取るに足らない身分の低い者までもが ...

俳句というものは不思議なもので、気に入っている句は何かの拍子に、ふいに口から出てくることがあります。覚えようとしなくても、いつの間にか頭に入っているような気がします。 このページには、俳句の中でも特に有名な句を集めてみました。これらは、いずれもが「これは知っている ...

ひねもす 清少納言 ⭐ LINK ✅ ひねもす 清少納言

Read more about ひねもす 清少納言.

3
4
5
6
7

Comments:
Guest
Lost time is never found again.
Guest

The only reason people get lost in thought is because it's unfamiliar territory.

Guest
You make more friends by being interested in them than by trying to get them interested in you.
Calendar
MoTuWeThFrStSu