はんさい 宮部みゆき

はんさい 宮部みゆき

はんさい 宮部みゆき



宮部みゆきは結構おもしろい作家だなと思っていたので読もうかな、と思いました。しかしそこで記事をもう少し詳しく読むと「クロスファイアー」は小説「燔祭(はんさい)」の続編である、と書かれて …

宮部 みゆき『鳩笛草―燔祭・朽ちてゆくまで』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約331件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。

鳩笛草に収録されている短編だが 宮部みゆきの超能力の物語の中では怖い能力の話だ 目立たない平凡な青木淳子が持つ能力は 「念力放火能力(パイロキネシス)」 彼女は自分の持つ超能力を社会悪に役立たいと願う。 自分の快楽のために平気で他人を殺す人間達を焼き尽くすためなら自分の ...

『クロスファイア』は、宮部みゆきのミステリー・ファンタジー 小説。光文社から単行本が出版された。映画化もされている。 この小説の前日譚が、『鳩笛草 燔祭/朽ちてゆくまで』所収の中編「燔祭」で …

この本には、表題作他「朽ちてゆくまで」「燔祭(はんさい)」の計3編が収録されている。どの主人公も女性で、それぞれ超能力を有している。「燔祭(はんさい)」には、青木淳子が登場する。この話の続編として「クロスファイア」が書かれている。

宮部みゆきさんが描く情感溢れる異色ミステリー中編3部作(o*。_。)o それぞれ異なった超能力をもつ女性3人が、その能力ゆえにさまざまな人生の試練に直面する・・ ... =燔祭(はんさい)= ...

私は、宮部みゆきサンのファンです。だいぶ、作品も読んだのですが、宮部みゆきサンファンの皆様方は、どの作品が好きですか??ふと、アンケートを取ってみたくなりました。

鳩笛草 / 宮部みゆき ... ゆくまで 今まで自分でも知らなかった予知能力に気づいた若い女性の苦悩 燔祭(はんさい) 念力放火という特殊な能力を持つ女性が復讐のためにその力を使う葛藤 ...

2000年4月 光文社より。 「クロスファイア」「竜は眠る」の前の話だということで、薦められた本です。 「朽ちてゆくまで」「燔祭(はんさい)」「鳩笛草」の3話。 どれも超能力を持った人がテーマの話です。 「朽ちてゆくまで」は、あやふやな夢という形で未来予知のできる女性が主人公。

単なる推理小説ではない。刑事、犯人、被害者、探偵などの財布が事件のナレーションを務める。猫や犬が周りの人間についての感想を語っていくパターンはよく見るけれど、財布が語るというのは初めて …

はんさい 宮部みゆき ⭐ LINK ✅ はんさい 宮部みゆき

Read more about はんさい 宮部みゆき.

2
3
4
5
6
7

Comments:
Guest
You are young and useful at any age if you are still planning for tomorrow.
Guest

One today is worth two tomorrows.

Guest
Always hold your head up, but keep your nose at a friendly level.
Calendar
MoTuWeThFrStSu