お ぎん 芥川 龍之介

お ぎん 芥川 龍之介

お ぎん 芥川 龍之介



底本:「芥川龍之介全集5」ちくま文庫、筑摩書房 1987(昭和62)年2月24日第1刷発行 1995(平成7)年4月10日第6刷発行 底本の親本:「筑摩全集類聚版芥川龍之介全集」筑摩書房 1971(昭和46)年3月~1971(昭和46)年11月 入力:j.utiyama

『おぎん』は、芥川龍之介が1922年(大正11年)に『中央公論』誌上に発表した小説である。

『おぎん』(芥川龍之介)――わたしの偏愛的「芥川龍之介」論|sm小説家美咲凌介の名著・名作ねじれ読み<第13回> 大好評連載の第13回目。sm小説家の美咲凌介が、名だたる名著を独自の視点でねじれ読み! 今回は芥川龍之介の『おぎん』に注目。

芥川龍之介の切支丹ものの多くが、信仰を貫く物語である中で、 「おぎん」(『中央公論』一九二二年九月)は、棄教を扱ったものと 斎覚書」(『新潮』一九一七年一月)しかない。「おぎん」では童女、して異彩を放つ作品である。

 · 概要 ポート・マフィアの一員で、凶暴な実働部隊を担う武闘派黒蜥蜴の十人長の一人であり、芥川龍之介の妹。 髪を後ろに束ねて口元をマスクで隠している。物静かであまり喋らずまるで忍者のような人である。

 · 概要 芥川龍之介が兄、銀が妹にあたる。 二人共に貧困街で育ち、数年前に芥川が太宰にスカウトされたことで、兄妹揃ってマフィアに加入した。 芥川が遊撃隊隊長、銀が芥川や樋口が指揮権限を持つポートマフィアの実働部隊『黒蜥蜴』の十人長と、マフィア内では上司と部下の関係にある。

芥川龍之介(参考写真)ときんさんぎんさん(参考写真)は明治25年生れ芥川龍之介も100歳まで生きていたら(参考写真)こんな感じかなぁ~。な、訳、無ぃか!

「藪の中」(やぶのなか)は、芥川龍之介の短編小説。初出は「新潮」1月号(1922年)、初刊は「将軍」(1922年)。 今昔物語集を下敷きにしたいわゆる「王朝物」の最後の作品であり、芥川の作品中でも屈指の数の論文が書かれている。

関口安義著『芥川龍之介新論』 河 内 重 雄 KOUCHI S h i g e o 二〇一二年、芥川龍之介の生誕百二十年、没後八十五年の節 の脚」、『支那游記』を扱う『世界文学としての芥川龍之介』大石内蔵之助」、「戯作三昧」、「首が落ちた話」、「地獄変」、「馬れた。

これも「月報」に書いたことだが、こんな句があった。「お降りや町ふかぶかと門の竹」と作ったのち、芥川は推敲して、こう改作してみせたのだ、「お降りや竹ふかぶかと町のそら」。この些細なる大転換こそが、芥川龍之介の真骨頂なのである。

お ぎん 芥川 龍之介 ⭐ LINK ✅ お ぎん 芥川 龍之介

Read more about お ぎん 芥川 龍之介.

2
3
4

Comments:
Guest
A truly contented person enjoys the scenery along a detour.
Guest

People who fight fire with fire usually end up with ashes.

Guest
Maybe people should swap problems-- Everyone, it seems, knows how to solve the other guy's.
Calendar
MoTuWeThFrStSu